柳家喬太郎

2013年05月25日

昨日は午後半休を取り、「柳の家の三人会」へ行ってきました

落語のために休むなんて久しぶりだわ~(^∀^)
と言うのもこの会、18時開場・18時半開演なんですよ。び、ビミョー
前回ここに来た時もそうでしたが、なんで19時とか19時半にしないんですかねぇ。18時に船橋に来れる会社員ってなかなかいないと思うんですが・・・ま、私はダメOLなんで行きますがね(笑)

21











皆に「意外~」驚かれ、その驚かれっぷりにむしろ驚きましたが、私にとって正真正銘、初・喬太郎師匠でした。
「今年初とか今月初じゃないの!?」とまで聞いてきた人がいましたが、いやフツーに人生初っす(爆) 何度も言ってますが私 “チケット争奪戦” が苦手なんで、師匠くらいの人気者になると見れないんですよ  
だから東京モンが敬遠する千葉の片田舎に来てくださり本当に感謝ですv( ̄∇ ̄)v

喬太郎師匠というとSWAのイメージが強く、今回も新作かな?? と思いましたが意外にも古典でした。そして、これほどまでに古典も面白く演じられる方なんだな~とビックリ。噂に聞いていた喬太郎師匠らしい時事系くすぐり満点(あまちゃんネタとかw)。間男のマヌケさ・女房のしたたかさ・そして何も知らないオトボケ亭主の対比がたまらない、今まで聴いた中で一番面白い『紙入れ』でした

トリの市馬師匠は客層(普段あまり落語を聴かない地元のじいちゃんばあちゃん?)を意識してか、亡き小さん師匠のネタで軽めのマクラ。私は見た事ないんですけど、「あさげひるげゆうげ」のCMって随分長くやってたんですかね。周りのおじいちゃんおばあちゃん達は大きくうなずき「家で食べてるところ見たことない」の定番ネタに大笑いしてました♪ 
そしていい感じに客席が温まったところでスッと『片棒』に・・・ここら辺の間合いは流石ですね。お得意の木遣りも朗々、大変気持ちが良い片棒でございました(*'-'*)


・・・「下総のビバリーヒルズ(by喬太郎)」、船橋。
相変わらず穴場です。客の入りは8分ほど。お陰様でチケット争奪戦が苦手な私も悠々と初・喬太郎師匠を堪能することが出来ました  
今後も千葉県内に色んな方が来られることを祈っています(´∀`)




               お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 13:03コメント(8)トラックバック(0) 

2011年03月23日

映画「落語物語」を観てきました。

現役の噺家である林家しん平師匠が監督をされた、生粋の落語映画です(^_^)ニコニコ     メガホンを取ったのが噺家なら、出演者も噺家が盛り沢山。しかも柳家権太楼師匠や柳家喬太郎さん等、当代きっての人気者が出ているんですね(それも、まさかの配役で♪)
私が直接親しくしているのは主役の柳家わさびさん・柳家小権太さんだけでしたが、それでもいつも寄席で拝見している師匠方がスクリーンで見られるのは、とてもエキサイティングな体験。
余震は怖いですが、勇気を出して行ってきました 
http://rakugomonogatari.jp/


爆笑必至の映画だとは聞いていましたが、まさかこんなに泣けるとは…  “やられた~”って感じです。ネタバレになるので詳しくは書けませんが、田畑智子さん演じる女将さんには泣かされっぱなしでした。いくら噺家の皆さんが役者揃いだからといって、本物の役者さんはやっぱり違うなぁ(当たり前)、叶わないなぁ(当たり前)というのが、一番の感想です。うますぎる。

それと、配役の妙。主役のわさびさんも “まんま” 弱々しい小春だし、床屋の親父の権様・天狗になった真打ち馬石師匠・アヤシゲな呑み屋の喬太郎さん・・・どれも、この人しかいないっしょというハマリっぷりでした。これもしん平師匠の厳選の賜物ですね。本物の役者さんの使い方含め、最高のキャストだったと思います

周りのお客さんもほとんど落語ファンの人たちでした。誰かが登場するたび、「小朝~w」とか「百栄ちゃ~んw」とか声が漏れるんです(笑)

ちょっと変わった空間だけど、純粋に映画としても楽しめるレベル。
東京では東劇にて4/8までやっています。お暇がある方は、是非行ってみてください(⌒-⌒)


                         お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 21:30コメント(6)トラックバック(0) 

2010年08月13日

100813_0806~0001 世間はお盆のようですね。
我が(会社のある)町・神田も、オフィス街ゆえ閑散としています。飲食店にもスーツ屋さんにもシャッターが下り、こんな張り紙をしてあって、どこか物悲しい・・・

かく言うワタクシも本日は久しぶりに定時で退社致しました♪ そして明日も予定していた休日出勤が・・・今週ずっと早朝出勤したお陰でなんとか仕事が片付き、オフになりました

・・・久しぶりの土日連休です
たった2日だけれど、普通の週末だけれど、ここ1ヶ月ほどの殺人的多忙さからすると、夢のよう。私にとっては立派な「お盆休み」です。

流石に肩バンバンで頭痛がしたのでどこにも寄らず帰りました。
化粧を落とし、部屋着に着替え、録画してあった「浅草お茶の間寄席」を見る。白酒さんの「権助魚」に喬太郎さんの「ちりとてちん」。気楽にボーッと聴ける恰好のネタ。至福の時です。

さぁ皆さん、Have a nice Obon」 (o^∇^o)ノ



shizutamarakugo at 20:11コメント(2)トラックバック(0) 

2010年01月09日

100109_1105~00021ヶ月ほど前、文藝春秋より、こんな本が出版されました
各界の落語好き著名人523人がアンケートで選んだベスト50。そして選ばれた1人1人の写真や紹介も載っております。正に今の落語ブームを象徴した一冊ですな(⌒-⌒) 選者達の目が確かだということで、落語界でもかなり話題になっているようです。
・・・って、ここでブログを終わらせたらみんな「!?」でしょうね 
オイ、一位は誰だよ 
って話です。うーん、どうしようかなぁ。言わない方が文藝春秋さんのためかしら・・・なんて意地悪はしません。ブログのアクセス数アップのためなら私、書きますよv( ̄∇ ̄)v
1位 柳家喬太郎さん・2位 立川志の輔さん・3位 柳家小三治さん

・・・です
 やはりこれくらいになると50位のうちほぼ全員が真打なんですよね~。若手の二ツ目さんをメインに応援するワタクシゆえ、この中では三遊亭兼好さん・三遊亭遊馬さんのお2人しかお会いしたことがありませんでした でも、この本のお陰で1つ野望が芽生えたんです。それは『今後この本に載っている方々の落語会に行ったら、なんとかご本人の紹介が載っているページにサインして頂く』ということ

まぁ有名な方々ゆえ、なかなか近付くことすら難しいと思いますが、夢は夢。本を小脇に今年も西へ東へ奔走しようと決意するワタクシでした。

                         お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 19:56コメント(0)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ