根津神社

2012年11月25日

谷中で数々のリベンジを果たしたワタクシでしたが、季節は正に紅葉シーズン  例年なら成田山まで紅葉狩りに行っている頃です。

今年は日程が合わず成田へは行けませんでしたが、考えてみればすぐ近くに「根津神社」があるではないか!!! 根津神社と言えばつつじですが、神社なんだから銀杏の1本くらい有るんでないいかい??  ということで、急遽「ギャラリー猫町」から神社に向かってみました~(^∀^)

121123_1438~0002121123_1440~0001121123_1441~0002











・・・申し訳ない。“銀杏の1本くらい” どころじゃなかった(爆)
樹齢ウン百年ではないかと思われる大木の数々が、今が盛りと見事なまでに葉を色付かせておりました。その景色は圧巻。黄色というより黄金色です。いや~正直ちょっと身震いしましたねぇ  小雨で人が少ないのがまた良かった。厳かで静かな根津神社。つつじ祭りの時とは全くの別物(あれは酷かった)。思わぬところで心の洗濯が出来たことに感謝です。

・・・ところで根津神社は立川談志師匠ゆかりの地。
すぐ近くのマンションに住んでおられ、毎年1月2日(家元の誕生日)、一門全員で根津神社へ参詣に行くのが事始めだったと聞きます。

奇しくも11月21日は談志師匠のご命日。あれから1年が経ちました。
偶然とはいえ一周忌の2日後に根津神社へ行けたのも、何かのご縁だったのかもしれませんね。




                  お後がよろしいようで。

 



shizutamarakugo at 18:27コメント(6)トラックバック(0) 

2012年05月07日

さて、谷根千散策のクライマックスは「文京つつじまつり」でした
根津神社で毎年この時季行われているお祭りです。

谷根千のあまりの人の多さにうんざりしたと書きましたが、この根津神社もまた凄まじかった  と言うか、この祭りの存在が谷根千全体のカオス化に拍車をかけていたのでしょう。とにかく阿鼻叫喚でした。

まず、肝心のつつじがどこにあるのか分かりませんΣ(´д`;)
表参道から入れば分かったのかもしれませんが、知らずにどこか脇の方から入ってしまったようで迷いました。なにせ一歩入った瞬間からオニのような出店の数々&群がる客の嵐です。つつじまつりと言いながら、これでは普通の祭り以下。出店だけならともかく、そこら中にテーブルが設置してあり買った物をその場で食べながらオッサン達がビールを飲んでいます。来ている人も半分はつつじじゃなく一杯やるのが目的といった感じがしました 根津神社さん、もう少し露店の数を規制したらいかがでしょう??  中にはテーブルに座り切れず鳥居の台座に腰掛け酒を飲んでいる客がいて驚きました。 ・・・罰当たっちまえ~。





つつじまつり6つつじまつり5つつじまつり4











つつじまつり3つつじまつり2つつじまつり1












などと毒を吐くワタクシでしたが、しっかり出店で好物のバナナチョコ(チョコバナナじゃないよ!)はGetした訳で(笑)  しかも1本買ってガラガラを引いたら当たってしまいもう一本Getしました。こんな所で運を使ってどうする

つつじは早咲きの品種は既に枯れていましたが遅咲きの花がちょうど満開でした。想像通りの見事さ。特に上の高台から見下ろした光景は圧巻です。今年はやはり冬寒かった影響で例年より遅いそう。いつもならこのGWのつつじまつりの時にはつつじが枯れているという状況らしいですが、今年はジャストタイミングでした(まぁだからこそこの混みっぷりだった訳ですが

ちなみに根津神社は日本武尊が創祀したと言われており、明治維新には明治天皇御東幸にあたり勅使を遣わされ、国家安泰の御祈願を修められる等、古来御神威高い名社だそうです。 社殿に至っては五代将軍綱吉が跡継ぎを定めた際に奉建し、1706年に完成。権現造りの本殿・幣殿・拝殿・唐門・透塀・楼門の全てが欠けずに現存。国の重要文化財に指定されているそう。あまりの人の多さに近付くことすら出来ませんでしたが、遠目に見ただけでその華麗さと荘厳さが伝わる建物でした。


・・・結局16時くらいに入場し、出たのは17時過ぎ
なんだかもう人酔いしてしまって気持ちが悪くなりました。つつじ見物というより人間見物です(;´Д`)

しかし「いつもならもう枯れてるよ!」と地元の皆さんが口を揃えておっしゃる中、満開のつつじを見ることが出来たのはそれだけでラッキーだったと言えるでしょう。良い経験を致しました



                   お後がよろしいようで。



imgfa2ead95zikbzj[2]
←チョコバナナじゃなくバナナチョコだよ!!! (しつこい)笑









shizutamarakugo at 19:26コメント(8)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ