桂三四郎

2013年08月11日

コミケと花火大会が同時開催され台場エリアが興奮の渦に巻き込まれた夜、私は『桂三四郎ひとり会』におりました( ´∀`)つ  
場所は中野。これまたサブカルの拠点のような場所ですが、もちろんブロードウェイには目もくれず。商店街を抜け、「なかの小劇場」に向かいます。

会場に着き、整理券をGet。18時到着で14番。
そして一旦外に出て時間を潰し、開場5分ほど前に戻ったら、受付前は人で溢れかえっていました。そのほとんどが女性でビックリ。恐らく9割が女性。しかも若い。平均年齢30といったところか・・・20代後半の若い女性のグループが目立ちます(ちなみに開口一番で前座の明光さんが「今日初めて落語を聴く人~??」と聞いたところ、目算10人くらい手を上げていました)。流石イケメンで知られる三四郎さん。落語会でこういう客層もあるんだなと感心です


   平成25年8月10日 桂三四郎ひとり会
   19時~21時 なかの小劇場

    笑福亭 明光 『子ほめ』
    桂 三四郎  『野ざらし』
    桂 三四郎  『くしゃみ講釈』
        ~仲入り~
    桂 三四郎  『お菊の皿』


定員110人の会場に、客は95人程か。チラホラ空席が見える程度。上方の若手が1人でこれだけの客を集められるのは大したもの。数年前、東京に来て一番最初に開いた独演会のお客さんは5人だった・・・と、三四郎さんも嬉しそう。今日が東京湾花火大会と同じ日だと気付いた時は本当にゴジラが来て湾岸エリアを破壊してくれないかと思ったが、もしゴジラが現れたら自分もそっちを見に行く・・・と客席を沸かせる。

演目は意外にも古典3席。
(リキ)入ってるのが分かります
上方落語自体ほとんどご縁が無いので、あちらの古典をキッチリ3席聴くのは初めてかもしれません。なかなか興味深い経験です。

『野ざらし』
釣りに行くのは向島じゃなく淀川。八五郎の1人芝居に重点を置いています。妄想の世界に入り込むあまり川に落ちたり、鼻の穴に針が刺さったり、周囲の人も巻き込んでとにかく大騒ぎ。サゲは長屋に戻ることなく川での「どうりで骨が折れると思った・・・」で終わり。三四郎さんらしい賑やかで楽しい『野ざらし』でした。
『くしゃみ講釈』
胡椒(実際は唐辛子)を買うまでが長いw 何を買いに来たのか思い出せず、八百屋の店先でこれでもかと八百屋お七の芝居を繰り広げます。ちょっと重ねすぎか?? 後で三四郎さん「ノドが辛い」と仰ってました。そりゃそうだ。2席目でちょっと頑張りすぎたかもしれません。 
・・・サゲは「何ぞ私にコショウ(故障)でも??」「胡椒が無いから唐辛子をくべたんや」。
『お菊の皿』
夏らしく怪談を・・・と、照明が落ちる。前に座っていたビギナーっぽい女子達は何が始るのかしらと顔を見合わせザワザワしていたけど、私なんぞは“これって怪談なのだろか。照明を落とすことなのだろうか” と思う。嫌な客ですね。何も知らなかったあの頃に戻りたい(遠い目)。
内容はトリネタの割にサラリ。仲入り前の『くしゃみ講釈』で時間を取り過ぎたのが原因か。始めた時点で終演時間の21時を回ろうとしていたのでけっこう急ぎ足。あまりお菊をイジることなく皿を18枚数えさせ、「風邪を引いたから明日はお休み」で終わり。ちなみに場所の設定は番町じゃなく姫路  主の名前はそのままフツーに青山鉄山。案外設定や背景なんてそんなモノなのかしらね~と勉強になりました。


・・・全体的にとても賑やかで明るくテンポの良い落語。
これが “三四郎さんらしい” のか “関西らしい” のか分からないけど、嫌いじゃありません。若い女性の笑い声がこだまする、いい雰囲気の会でした。帰りは近くの「珉珉」で餃子を食べ、東西線一本で帰宅。
久しぶりの落語→ビールというゴールデン・コースにニッコニコです   
楽しい時間を有難うございました(^_^)ニコニコ



                     お後がよろしいようで。







                



shizutamarakugo at 20:00コメント(6)トラックバック(0) 

2012年06月23日

久しぶりの生落語でした。
今月は帰省が挟まったこともあり、常にバッタバタ。
落語に行く時間が取れず、一度も行かないまま今日に至ってしまいました。確認したところ先月の大和田落語会以来だったので、1ヶ月以上空いたことになります もはや「OL、落語にハマる」ではなく「OL、落語にハマったけど疎遠になる」ですね( -д-)ノ

ちなみに一昨日引いた風邪はまだ治り切りません(と言うか治りかけてもまたエアコンの真下で仕事だから一生治らないと思う
ちょっと鼻や喉がシンドイけれど梅雨の晴れ間で天気も良い。今日行かないと今月は落語ゼロになる可能性が高いので気合で出掛けてきました

会場は東中野にあるJAZZ BAR、「Big River」さん。
毎週土曜日は落語会の日なのだそうです。
知らなかったわ~(落語仲間様にお誘い頂き今回初めて行きました)。
しかも落語をやるのは今回が最後とのこと。これまた知らなかったわ~。期せずして“最後の客”となってしまったのでした

120623_2129~0001120623_1901~0002120623_1901~0001











東中野なんてマニアックな駅、初めて降りましたがメッチャ昭和レトロ!!Big Riverさんのある路地は沢尻エリカがロケで来たというだけあり、ホント映画のワンシーンに出てきそうな通りでした

店内はカウンター10席ほどの激狭な空間。
そこに無理矢理イスを置き20人くらいギューギューに詰め込みます。足も伸ばせずイメージ的には体育座り。背後には立ち見客まで入れ、これって落語を聴く場所なの?? という感じになってましたね 
「ノラや」と「道楽亭」以上の密度を経験するの、ワタクシ初めてでしたわ~(笑) ま、一度きりですしこれはこれでレアな経験ですネ。珍体験ハンターにまた1つ実績が出来ました(゚∀゚)アヒャヒャ

桂三四郎「子ほめ」・柳家わさび「湯屋番」・柳家わさび「味噌豆」・桂三四郎「さよならの向こう側(新作)」

関西弁でペラペラ喋る爽やかな三四郎さんと、独り大好き引きこもりわさびさん(笑) ちょっとわさびさんが(場所に慣れないせいもあるのか)押され気味の感があり気の毒でしたが、二席目の味噌豆ではオチのマクラから入りキチッと笑いを取っていました。わさび好きとしては嬉しいことです。わさびさんを見ると食べ物を差し入れせずにはいられないというおばさんに以前お会いしたことがありますが、確かに痩せすぎ。見る度に痩せている気がします。噺家も体力勝負と言いますからもうちょっと肉を付けた方が良いのではないかとお母さんのような目で眺めてしまいました。

さてさて、21時終了予定がお2人の熱演により長引き21時半終演。
流石に打ち上げはご遠慮させて頂きましたが老体に鞭打ってでも行って良かったです。笑いは身体に良い。家でジッとしているより元気が出たと思います。またチョイチョイ時間を見つけて遠征したいものですね


                  お後がよろしいようで。


【追伸】
ちなみに「味噌豆」と聞いて皆さん実物が浮かびますか?? 私は浮かばず前々からどんな物だろうと気になっていましたが、今日わさびさんが美味しそうに演じていたのでこれを機に調べてみました。
・・・なんのことはない、“味噌を造る前の美味しく煮えた大豆” のことなんですネ てっきり大豆の味噌和えのような料理を想像していたので拍子抜けでした。確かに「昆布豆」なら見たことがある気がします。また1つ落語のお陰で勉強になりました(*'-'*)

(参考HP)http://ginjo.fc2web.com/122misomame/misomame.htm


shizutamarakugo at 23:46コメント(10)トラックバック(0) 

2012年05月14日

昨日は再び谷中銀座に行ってきました(゚∇゚ ;)エッ!?

GWに谷根千散策したばかりじゃんというツッコミはごもっとも。
芋洗い状態の人に揉まれ私がキレかかった場所・谷中銀座ですが、今回は落語会だったんですネ。なんだか1週間前に観光で通りかかった店へ落語を聴きに行くのはオカシな気分です 
(まぁ考えてみれば浦安から片道一時間程度なんですがwww)

しかも今回の会場がまたイカシてます(←死語?)
なんせウズベキスタン料理の「ザクロ」さんですから
私も蕎麦屋やら寿司屋やらの落語会は数え切れぬほど行きましたが、流石にウズベキスタン料理は初めてよ~(涙目)  もぅ御案内頂いた瞬間から「珍体験ハンター」の血が騒いだってもんです(^∀^)

さて、人生初「落語会@ウズベキスタン料理屋」は三四郎さんじゃないですが「ツッコミ所が有り過ぎてどこからツッコんでいいか分からない」状態(笑) でした。

1120513_1511~00017











【左】なにせ高座の後ろがラクダという極限状態。
【中央】さほど広くない店内が客でギッシリ。内装は非常にきらびやか ベリーダンスのセクシーな衣装が吊るされる中、床に座って料理を食べ落語も聴く。体勢的に長時間はちょっとキツイかな・・・
【右】何が怪しいってこの“変なガイジン”店長。流暢過ぎる日本語で芸人バリのトークを繰り広げながら容赦なく料理を配りまくる。彼の喋りと大量の料理で開演前からお腹一杯(でも嫌いじゃないw) いきなり静かになったなと思ったら部屋の隅で普通にカレーを食べていた。

498











ちなみに飲食店での落語会の場合、まず落語を聴いてそれから蕎麦なり鮨なりそこの料理を食べて帰るというのが一般的。しかし今回はウズベキスタン料理(しかもくどいようですが大量)の後が落語という気絶必至のプログラムでした。よほど面白くないと寝ますよ~ 



2桂三四郎さん・鏡味味千代さん共、見るのも聞くのも申し訳ないことに初めての芸人さんでしたが、それもそのはず。三四郎さんは上方落語協会の方(三枝師匠の弟子)・味千代さんは芸協の方だったんですね。普段あまりご縁のない方々に出会うことができるのは、嬉しいことですね

桂三四郎 「牛ほめ」
鏡味味千代 大神楽
桂三四郎 「17歳」

写真撮影OKなのは私のようなミーハー客には有難いこと。
なかなか客層のツボを心得て頂いていると思います。
三四郎さんの関西弁による「牛ほめ」はとても軽快。新作の「17歳」もよく出来ていて、全く眠くなることはありませんでしたよ~(・∀・)つ


・・・ちなみに今回の会の正式名称は
「桂三四郎・鏡味味千代 美男・美女の宴inザクロ」 でして、事前の情報収集でネット検索した時初めて見て、吹きました。一瞬 “客が美男美女限定” なのかと思いましたが、まさか~ですよね(笑) 演者のお2人が美男美女ということでした。

いや本当に三四郎さんも普通に洋服着てそこら辺を歩いていたらイケてるお兄ちゃんでしょうし、味千代さんも和風美人。芸は顔じゃないが顔も良いに越したことはない。タイトルに違わぬ見目麗しいお2人の粋な芸・・・・・・どうも有難うございました(^_^)ニコニコ



shizutamarakugo at 19:25コメント(4)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ