桃川健

2010年03月04日

寄席では、落語以外にも様々な芸を観ることができます。例えば漫談・漫才・奇術・大神楽・・・・・・本当に多種多様な芸人さんを拝見することができ、正に娯楽の宝庫と言えるでしょう
このような落語以外の芸を総じて「色物」と呼ぶのですが、その中の1つに江戸紙切りがあります。皆様もお正月番組などで見たことがあるかもしれません。一枚の紙から動物やら人物やら、鋏でチョキチョキ切り上げてしまう、超アーティスティックな方々です  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%99%E5%88%87%E3%82%8A
現在活動されている方が非常に少ないらしい、紙切りの世界。光栄にも私はその中のお1人と落語会で知り合い、お近付きになることが出来ました。そして、とても素敵なプレゼントを送って頂いたんです
100210_1309~0001100226_0823~0001

 

 

 

 

 


解説するのも失礼ですが、左が寅・右が龍です
どうです、すごくないですか。これを下描きもせず、お客様のリクエストに応じて即興で切っちゃうんですよ(*'-'*) しかも、このに至っては専用の紙でなく、私がバレンタインデーに差し上げたチョコレートの包装紙で作ってくれたとのこと 「私は綺麗な紙は包み紙一枚でも見逃しませんよ♪」なんて冗談混じりに仰ってましたが、正にプロです。  

ところでこの師匠、偶然にも今度、私の住む町で「江戸紙切り講座」を開かれるそうです 「おいでなさい」と言って頂いたのですが・・・ウーム・・・ビミョウ。
     だってぇ・・・ド不器用が・・・バレるじゃないですか(泣)



shizutamarakugo at 19:52コメント(4)トラックバック(0) 

2009年11月29日

ステキな写真がたくさん撮れたので、ご紹介します   

あられカレンダー
          
 
1・2


        


                                    


桃川さんと師匠2駒ん奈さんと2

3・4





1 師匠あられ。横浜にぎわい座のロビーで販売してました。もったいなくて食べられず、いまだ手元に・・・

2 ハマ寄席卓上カレンダー。打ち上げのクジ引きで当たりました   
  会社で使わせて頂きます。

3 左・江戸紙切りの桃川健師匠/右・金原亭馬生師匠。お2人ともダンディー! ちなみに江戸紙切りとは、ハサミでチョキチョキどんな形で
  も作ってしまう伝統芸能です。

4 左から私・金原亭駒ん奈(作家の荻野アンナさん)・ファン仲間のお2人。荻野アンナさんはフランス文学者・慶応大学教授・落語家・コメンテーターなど多彩な面をお持ちのパワフルな女性です。



                                    

shizutamarakugo at 12:27コメント(2)トラックバック(0) 
猫ムスメ