池波正太郎

2015年03月01日

早いもので、3月ですね。
日曜スタートですから当然本日も出勤しております(笑)
公私共に“激動”となりそうな3月・・・気を引き締め臨みます。
では早速2月に読んだ本を(*゚▽゚*)


【星5つ☆☆☆☆☆】
●「ゴースト・スナイパー」ジェフリー・ディーヴァー ●「隠れ蓑」野口卓 ●「アンソロジー そば」池波正太郎他

【星4つ☆☆☆☆】
●「アイネクライネマハトムジーク」伊坂幸太郎 ●「買い物かご」キンキントゥー

【星3つ☆☆☆】
●「何が困るかって」坂木司 ●「四色の藍」西條奈加 ●「探偵少女アリサの事件簿」東川篤哉 ●「紳士の言い逃れ」土屋賢二

【星2つ☆☆】
●「下戸は勘定に入れません」西澤保彦 ●「えどさがし」畠中恵


・・・以上、計11冊。
今月もチト少ないですな
冬のリゾートシーズンで残業が多く、なかなか風呂読も出来ません。
150221_2105~01
そんな中、今月のお気に入りはPARCO出版「アンソロジー そば」。
各界の蕎麦好き著名人によるエッセイを集めた名アンソロジー。池波正太郎はじめ、山口瞳、福原義春(資生堂名誉会長)、五代目・柳亭燕路・・・等、なんとタモリまで書いている。

燕路師匠は
【寄席の符牒で「食べる」は「のせる」というが、蕎麦に限って「のせる」とはいわずに「たぐる」という。】
で始まる噺家らしい素朴な文章。師匠・小さんと初めて蕎麦屋に行った時、せいろに残った短い蕎麦数本を指差し「勿体無いことをするな」と叱られた話も・・・(勿体ないだけでなく、蕎麦は食べ残すとせいろを洗う時に固まってとても洗いにくくなり店の人が大変だから、という理由らしい。なるほど)

山口瞳さんは『並木 藪』で先代・馬生と相席になったエピソード。交わされた会話が書かれているけれど、それは全て “目と目で交わした” もので、実際は2人とも終始無言だったと・・・いうのが面白い。



150220_1358~01
流石の「蕎麦よりうどん派」を自認する私も蕎麦が食べたくなり、珍しくランチに『神田まつや』へ行ってみたり・・・(近すぎて案外行かない)笑

では最後にお腹がぐぅとなる池波氏の一文をご紹介。
【おなぐさみに、私が信州の知人から教えられた蕎麦の「うす焼」というのを紹介しよう。蕎麦粉をとろりと溶いてフライパンへながしこむ。大きさは好みにしてうす焼きにし、これを引きあげ、その上へ、ショウガとニンニクをおろしたものと味噌をねり合わせたものを塗るようにして置き、きざみネギを入れ、二つに折って熱いうちに食べる。ちょいと、うまい。】





                          お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 20:00コメント(4)トラックバック(0) 

2013年01月23日

昨日と今日、また友人に仕事の手伝いをしに来てもらいました
昨年「資料せん」の手伝いを頼んだのと同じ、高校時代の友人です。それ以外にも何度か来て貰っているので当社にとってもすっかりお馴染みのアルバイトさんとなりました(^∀^)

尚、今回の助っ人依頼は私のギブアップ宣言によるもの(T_T)
年が明けてから毎朝5時台の電車で出勤している私・・・
やってもやっても尽きない仕事にキレかけ社長に直訴したところ、1・2・3月とそれぞれ2日ずつバイトを雇っても良い許可を頂きました~ 
とは言ってもなかなかそんな単発で来てくれるアルバイトさんっていないですからね。友人に引き受けて貰えるのは本当に有難いことです。
実際のところなかなか人に頼める仕事って少なかったりするのですが(準備する方が手間がかかるw)、それでもいつもは出来ない単純作業系を手伝って貰えるだけでだいぶ違います


それと嬉しいのはランチ(*´∇`*)
入社以来ずっと1人ぼっちでランチしているので、まぁそれはそれで気楽でいいんですが、やはりたまにはガールズトーク(?)のひとつもしたくなるものです


21











と言う訳で、神田と言えばココ! 静岡出身・埼玉在住の彼女を神田らしい店に連れて行ってあげようと、『神田まつや』に案内しました。明治17年創業。もう外観を見ただけでワクワクするような店ですネ。
外に2~3人並んでいましたが、いつもに比べたらまだ良い方。大人しく列に付いたワタクシでしたが、すぐ前にいる男性を見て思わず声を上げました。「師匠!!!!!(((( ;゚д゚)))」 
な、なんと、噺家のB師匠だったのです  師匠もまつやの蕎麦がお好きで、今日はお仕事相手の方と一緒に食べに来たとのことでした(打ち合わせの前っぽかった)。タイミング良く4つ席が空いたので2:2で腰掛け「ごま蕎麦」をズズッとすする私達(笑)  
いやいや、昨年の「ほおずき市」に次ぐ偶然の出会い、縁とは異なものです( -д-)ノ


345











大師匠にお会いした動揺を引きずりつつ我ら静岡組が向ったのは、『まつや』のすぐ先にある『竹むら』。こちらも昭和5年創業、『まつや』と同じく東京都の歴史的建造物に指定されている重厚な建物。池波正太郎が【昔ながらの風情の汁粉屋】と愛し、通ったことでも有名です
まつやで蕎麦を食べ竹むらでぜんざいをすする、これが神田のゴールデン・コースや~!!! (←彦麻呂風に)  
胸を張って案内した甲斐あり友達にも大変喜んで頂きました。
(写真は名物のあわぜんざい+桜湯

なかなか1人では廻れないゴールデン・コースにすっかりご満悦ワタクシ。幸い彼女は来月も来てくれます。次はどこへ案内しようかしら~。
今から1ヶ月の先のランチを考えソワソワするダメOLでございました
v( ̄∇ ̄)v




                  お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 20:37コメント(8)トラックバック(0) 

2012年03月06日

『神田・須田町の[万惣]のホットケーキを、はじめて食べたのは、たしか、小学二年生のときだから、私は八歳だった。・・・「この店はね、果物屋さんだが徒(ただ)の果物屋じゃない。東京でも指折りの店だ」と、父がいう。「へえ。果物屋にホットケーキがあるの?」「あるどこのさわぎじゃない。万惣のホットケーキは天下一品だ」』  
               ~池波正太郎「むかしの味」より~

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

我が敬愛する池波正太郎先生も愛した神田の老舗「万惣」さんが、今年3月24日をもって閉店するという驚きのニュースを耳にしました。理由がまた切ない。「先の震災で建物に損傷を受け、耐震診断を受けたら、驚いた事に耐震補強ではだめで、解体・建て直しが必要との判定。 当面再築する余裕も無いので、全店休店いたします。」・・・本当に切ない。震災はこんな所にも影を落としているのです。

私は神田で働くOLとして、もちろんこのお店の存在はよく知っていました。創業160年、「いせ源」や「まつや」「竹むら」「やぶそば」等と並ぶ、老舗中の老舗です。ホットケーキがあまりに有名で、遠方から食べに来る人が沢山いるという事も重々承知しておりました。しかし会社から徒歩15分。近すぎるのが祟ってか “そのうち行こう” の連続・・・。結局は行くことが無いまま今日まで来てしまっておりました

しかしもう “そのうち” は有りません。
さっそく今日のお昼休み、テケテケ歩いて行って参りました。13時過ぎという中途半端な時間でしたがパーラーはエレベータ前まで人が一杯。数えたら22人並んでいました。回転が速いため20分ほどで中へ入れましたが、ホットケーキが出てくるまで更に20分かかりました。それだけ別れを惜しむファンが多いということなんですね


120306_1345~0001これが多くの食通を唸らせたキツネ色のホットケーキです。サクサクの表面、フワフワの内側、たっぷりのバター・・・どれも噂通りの逸品でした。店内はレトロで高級感があり大正の貴婦人がティータイムを楽しんでいそう。この空間が無くなるとは返すがえすも残念でなりません。跡地は何になるのでしょうか。どうか画一的なファッションビルなんかになりませんようにと願います



・・・閉店までまだ3週間弱ありますが、あえてこれを最初で最後の訪問と致しましょう。そして今晩は家に帰り、万惣がモデルの古典落語「千両みかん」でも聴きながら老舗の終焉を偲ぶと致しましょう。


 
                  お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 19:36コメント(10)トラックバック(0) 

2011年12月17日

実家に帰るといつもする事の1つは本漁りです

それも本棚などという洒落た物ではなく、衣装ケースからゴソゴソと・・・
実は大学生時代に買いまくった大量の本を、透明の衣装ケースに入れて倉庫(=実家w)へ送りつけ、そのまま放置してあるのですよ
もちろん全て送ると母が「」なので大部分は高田馬場のブックオフに売りました。でもどうしても取っておきたい作品だけ選り分けケースに詰めたら、それでもLサイズ2箱に・・・ 
本当は今住んでいる浦安のマンションに置きたいのですが、狭くて置けません。だから涙を飲んで倉庫(=実家w)に保存し、帰省した時ゴソゴソ漁っては読み返しています。

池波正太郎の「剣客商売」「鬼平犯科帳」「仕掛人藤枝梅安」・柴田錬三郎の「眠狂四郎」・笹沢左保の「木枯らし紋次郎」・平岩弓枝の「御宿かわせみ」 ・・・等々、時代小説のシリーズ物は全てこの中です(´▽`)

流石に何年も経つと “こんなの買ってたんだ~” 的な発見もあり感慨深く掘り返しておりますが、今回発掘したのは『What's Michael』(ホワッツマイケル)でした  ・・・うわ~懐かしいv( ̄∇ ̄)v

そう、猫漫画の元祖、小林まことの名作です。
野良猫だったり家猫だったり猫世界の容疑者だったり(笑)、色んな設定でのマイケルが主役のショートストーリー。何か失敗をした時に踊り出す格好が可愛らしく、踊る猫漫画として人気が出ました。私も小さな頃、祖母の家で従兄弟が持っていたのを借りて読み、一気にハマった記憶があります。そして大学生になってから単行本を古本屋で見かけ、懐かしさの余りセット買いしたのだと思います(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

image[2]image[8]image[4]





数年ぶりに読んだマイケルはやっぱり超・可愛かった・・・
マイケルだけじゃなく、しまいには奥さんのポッポや子供のミニケルまで踊り出すし(笑) 天敵のブス猫・ニャジラも可愛い!!! 
思わず夜が更けるのも忘れて8巻全部一気読みしてしまいました


もちろん実家での滞在時間は短くスケジュールが詰まっているため、読む時間は限られてしまいます。それでも少しずつ蔵書を読み返してゆくのは楽しい作業です。当時の思い出がフラッシュバックしたりもします(酸っぱい思い出がある本は見ないフリします)笑。
実家の本箱、それは私にとって玉手箱のような存在なのかもしれません。



                           お後がよろしいようで。








shizutamarakugo at 11:49コメント(8)トラックバック(0) 

2011年10月26日

今日10月26日、東京でも木枯らし1号が観測されました。
いよいよ本格的な冬到来です

ところで、毎年「木枯らし1号が吹きました」というニュースを聞くたび、内心 「あっしには関わりねえことでござんす」と呟くのは私だけでしょうか。 ・・・ま、私だけでしょうなv( ̄∇ ̄)v

そう、木枯らしと言えば「木枯し紋次郎」。笹沢左保が生んだ渡世人とせいにん)モノの名作です。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9E%AF%E3%81%97%E7%B4%8B%E6%AC%A1%E9%83%8E


私は高校1年生の時、池波正太郎作品に出会い時代小説にドハマリしました。池波正太郎を読み尽くし、山本周五郎→藤沢周平→平岩弓枝と流れる過程で辿り着いたのが、この笹沢左保。今までとは全く違った『渡世人』というジャンルに心奪われました。よくある勧善懲悪ストーリーでなく、人との関わりを極力避けニヒルに己の腕一本で旅を続ける紋次郎。道中合羽に三度笠、トレードマークの長い楊枝をくわえた孤独な姿に女子高生の私は身悶えしたものです(笑)  あゝ、今にも上條恒彦の『だれかが風の中で』が聴こえてきそうだわ~(゚∀゚)アヒャヒャ

「お控えなすって、お控えなすって、早速のお控えありがとうさんにござんす。手前、生まれは上州新田郡三日月村、紋次郎という名の半端者でございやす。諸国の名だたる親分衆の足下には遠く及ばねぇ、修行半ばの身でござんすが、万端よろしくお頼み申しやす。」
・・・母に向ってこんな仁義を切ってはスルーされていた16歳の日々


ちなみに私、奇しくも車の免許は群馬県前橋市で取りました(いわゆる合宿免許というやつです)。仮免を取り路上教習に出た時、赤城山に向って気持ちよく走りながら、思わず教官に言いました
「上州と言えば上州の空っ風に国定忠治。そして木枯し紋次郎。私は群馬が大好きです!!!」  もちろん教官(若い男性)にドン引きされたことは言うまでもありません

・・・猫ムスメ、23歳の夏の出来事です(o^∇^o)ノ




shizutamarakugo at 20:37コメント(6)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ