猫と落語の宵噺

2013年10月24日

“落語好きには猫好きが多い”。
これは、私が以前から感じていたことです。
本格的にツイッターを始めて3年くらいになりますが、落語ファンをフォローするとかなりの確率で猫アイコンです(笑) 私も最初の頃は自身の似顔絵でなく猫の写真をアイコンにしていたので逆に愛猫家の方からフォローを受けることが多かったのですが、自己紹介に「好きなもの:猫・落語etc」と書いている人が大勢いました。不思議ですね。もちろん江戸時代にも猫はいて、時代小説を読んでいても登場しますし、猫をテーマにした作品も沢山あります。そして、古典落語にも猫の出てくる演目が結構あります(なんとなく落語と猫って似合いますよね)  だから分かる気はするのですが、この確率の高さは偶然ではないと思います。統計を取ったらなかなか面白いことになるのでは・・・と秘かに期待しています(⌒-⌒)


【落語好きが猫好きなのか】【猫好きが落語好きなのか】
これは卵が先か鶏が先かの様なモノで、よく分かりません
でも落語と猫は惹き合うモノがある。それだけは曲げ様のない事実です。実際ここに、ティピカルなタイプがいるしね( ̄ー ̄)ニヤリッ


さて今日(日付で言うと昨日)はそんな我々にとって恰好のイベントがありました。その名も【猫と落語の宵(よい)噺】
出演は愛猫家であり現在も猫2匹と暮らしている噺家の立川志の春さん、そして"猫ストーカー"として知られるイラストレーター兼エッセイストの浅生ハルミンさん。このお2人がディープな猫トークを交わすマニアックなイベントです。もちろん志の春さんによる猫落語も有り。正に落語好き・猫好きにはたまらない内容。これはすぐに埋まるのでは!? と思っていましたが、案の定、予約開始から1週間で満席となったそうです(●´ω`●)  
“落語好きには猫好きが多い” という私の仮説は証明されましたね(笑)


21















【左】モフモフの帽子が可愛い浅生ハルミンさん&若いのに貫禄たっぷりな志の春さん(イェール大卒)。
【右】ハルミンさんよる猫イラスト。好きな画風です。


志の春さんもやはり気になったのか、まず真っ先に
『この中で猫寄り(猫だけが好き)な人~? 落語寄り(落語だけが好き)な人~? では両方好きな人~?』と挙手を求めましたが、見事に「どちらかだけ」の人はゼロ。両方好きな人が100%でした 
ま、最初は手を挙げにくいということもあったと思いますが、やはり猫と落語、両方好きな人だからこそ、こんな平日の夜に渋谷の変な場所まで話を聴きに来ているのだなと思いました(笑)  ちなみに『今まで猫を飼ったことがある人~?』は意外にも8割程度。飼った経験がなくても猫好きになるのね・・・と、これはちょっとした驚きでしたφ(.. )
 
志の春さんによる落語1席目は『金明竹』。
ま、猫が出るには出て来ますね(筋には関係ないけどw)。
そして2席目は『猫の災難』。
これもまぁ、猫がかなり出てきますね(あまり良い役割じゃないけどw)

こうして考えるとやはり落語に出て来る猫ってロクな扱いじゃありません。志の春さんも仰ってましたが、愛猫家としてはちょっと可哀相になってしまう噺が多いです。今後シリーズ化するらしいこのイベントですが、どこまでを『猫落語』とするのか・・・その定義付けが課題になると思います。チョイ役でもとにかく“猫”の字が出ればOK・・・そうなったらちょっと本来の意味を失う気が致しますね

浅生ハルミンさんはかなり天然ボケの気配がしました。
フワフワ~っした雰囲気で、それこそ猫っぽい。
話す内容も結構すごい事をフワ~っと話して(自称:国家機密の潜水艦を作ってるおじさんとの交流とか)メチャメチャ面白かった。猫のお尻のニオイを嗅ぐと仲良くなれるとか、ディープ過ぎます( -д-)ノ
志の春さんも“フワカワ”なハルミンさんにどう絡めばいいのか若干ためらっている気がしましたが(笑)、そこはプロ。見事な相槌・見事なスルー(笑)
おっとりしたハルミンさんからオイシイ話を引き出していました
志の春さんが愛猫トラから好かれることを願って止みません。

・・・HP上での告知とはほぼ違ったトーク内容でしたが、まぁ初回だからしょうがないですね。これはこれで充分面白かったです。
次回以降はもう少し、江戸から明治にかけての人と猫との関わりや、外国での猫模様についてお聞かせ頂けるかもしれません。また時間を作って参加できたらと思います(^_^)ニコニコ



                        お後がよろしいようで。



2
【オマケ画像】
猫絡みのイベントということで、私も猫ネイルを施し行ってみました(自宅の猫柄クロスをバックに撮影)。
ま、私が爪をどうしようと誰も見てくれないし、誰も誉めてはくれないんですがね(爆)。



shizutamarakugo at 00:50コメント(6)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ