白糸の滝

2014年11月25日

帰省すると必ずすることの1つは「お墓参り」。
先祖は大事ですからね。市内3箇所にある親類縁者の墓を母と2人で必ず回るようにしています。今回も最後の1つに手を合わせ、さぁ帰ろうと思ったところ、母が言いました。「白糸の滝に寄ってみない? 紅葉が始まったらしいぜ♪」 

『白糸の滝』とは我が家の墓から車で10分程の場所にある有名な滝。富士山の世界遺産登録に伴い、構成資産の1つとして選ばれました。お陰でえらい賑わっていると聞きます。しかし地元民は何か無ければ行きません。私も新卒で静岡の企業に入社した年、同僚を連れて行ったのが最後だから、多分10年ぶりくらいか・・・  
世界遺産効果でどう変わったか気になるので「よし行こう!!」 即答し、行ってきましたわ~(゚∀゚)アヒャヒャ

12














【写真左】
我が家の墓周辺から見た富士山。手前の耕運機が何とも言えないw
【写真右】
白糸の滝周辺から見た富士山。紅葉はもう少し。これが真っ赤になったらさぞ綺麗でしょう。

34














【写真左】
「白糸の滝」の手前にある「音止めの滝」。
かつて曽我兄弟が父の仇である工藤祐経を討とうとし、その密議をしていたが滝の轟音で話が聞き取れない。そこで神に念じたところたちどころに滝の音が止み曾我兄弟は見事本懐を遂げた・・・という伝説が名前の由来です。この逸話は富士宮の小学生ならみんな知っている。曽我兄弟が誰か? は知らなくても・・・(笑)

65














【写真左右】
そしていよいよ「白糸の滝」。
紅葉はまだごく一部だけど虹がかかってとても綺麗
ここは滝壺に近寄ることが出来るので水しぶきと一緒にマイナスイオンをたっぷり浴びることが出来ますよ!


・・・約10年ぶりの「白糸の滝」。
感想は “綺麗になったな です。
以前は名瀑ながら周辺に見る所が何も無いため観光客はほとんど来ず足場も悪いままで放置されていましたが、メッチャ整備されてました。トイレも増え、滝の周りにあった売店は撤去。上に移動し営業を続けていました。
そしてやっぱり “人が増えた!!!
駐車場待ちの列が出来るほどの賑いっぷり。3連休中日ということもあったと思いますが、人でごった返す様子に地元民として嬉しく思いました。

世界遺産効果ってすごいですねぇ。
この後お詣りに行った「浅間大社」(同じく構成資産の1つ)も駐車場満車でした。売店や観光産業に従事する人はさぞ喜んでいることでしょう。

それにしても「ちょっとついでに」世界遺産が見れるって素晴らしい(笑)  多くの人が“わざわざ”来る場所にすぐ行けるって、ナニゲに優越感を感じるものですね( ̄ー ̄)ニヤリッ




                       お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 19:30コメント(4)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ