神田

2015年04月18日

 
神田にレトロな中華料理屋があります。
「中華料理屋」と言うより「街のラーメン屋」かな
驚くなかれ、創業大正8年。

150416_1337~01
外観からしてイイ。
駅前の賑やかさとは無縁の静かな小径にひっそり佇む白のれん。
中が見えないためやや入りにくいですが、勇気を持って開けてみましょう。そこには “ザ・昭和” な風景が

4人がけのテーブル席が8つ。ただそれだけ。カウンターなど無い。変な装飾も無い。威勢のいい店員もいない。従業員は皆おば(あ)ちゃん。簡素で清潔。かかっているテレビは当然NHK(笑)

このお店、麺から作っているラーメンが評判なんです(店内で手打ち)。
そして、その麺がやたら長いことでも有名。
なんと平均88センチ!!! す、すすりきれない・・・
でも細いストレート麺でとても食べやすい。手作りならではの素朴な味わいです。スープもシンプルな醤油味。担々麺とか巴そばとかメニューは色々あるけれど、私は普通の「ラーメン」がお勧め。具はチャーシューとメンマとネギがちょちょっとだけ。この簡素さが潔い。最近のゴテゴテした、“こだわり” たっぷりのラーメン屋に見習わせたいシンプルさなのです(●´ω`●)

一番エライのはその値段。
なんと東京にありながらラーメン単品500円。
価格は長年変えていないそうです。ランチセットもA・B・Cとあり、全て820円。昼時は飲食店に目が肥えている神田サラリーマンで連日行列が出来ています(そしてそんなおじさん達に混じって平然とラーメンをすする私です)。

150416_1326~01
写真は「ランチセットA」。
ラーメン・半チャーハン・焼売で、820円(この焼売がまたお薦め)。

決して抜群に旨い訳ではありません。でもなんかホッとする。
子供の頃、家族で行った大衆食堂を思い出す。
500円のラーメンが大ご馳走だったあの時代・・・
遠い昔に思いが戻る、そんなお店なのです。
  



                   お後がよろしいようで。





shizutamarakugo at 19:00コメント(4)トラックバック(0) 

2011年10月31日

今年6月、神田西口商店街に1件のパスタ屋がオープンしました。
ランチ激戦区の神田ですが、お昼時には外まで行列ができています。
いつも銀行へ行く時など通りかかり気になっていたのですが、オープン5ヶ月目にしてようやく気が向き、足を運んでみました

店の名は「パンチョ」。パスタというよりナポリタン専門店のようです。
そして私は全く知らなかったのですが、この店、『デカ盛り』で有名らしいですね∑( ̄ロ ̄|||) 
どうりで若い男性ばかり並んでいる訳だ・・・

入り口で「ナポリタン目玉焼き乗せ(キャンペーン価格500円)」の食券を買うと、お姉さんに「サイズはどれになさいますか??」と聞かれました。
『小盛り』『並盛り』『大盛り』があり、なんと値段は同じだそうです。
全く分からないので念のため量を聞いてみたところ、一番小さい『小盛り』で300グラムとのことΣ(´д`;) き、聞いといて良かった・・・

111024_1327~0001もちろん小盛りを注文。
それにしても300グラムのパスタは迫力があります。大体ウチで茹でるにしても150~200グラムが普通ではないでしょうか。覚悟はしていましたが、出て来たのを見て「むむっ」と思いました お味は至って普通。昔ながらの甘めな味付けで、ケチャップ多め。私は嫌いじゃありませんでしたが、残念無念、3分の1ほど残してしまいました・・・完敗です(T_T)

やはり男性客が多く、並盛りや大盛りらしき皿を食べている人も見ましたが・・・よく喰うな(((( ;゚д゚)))  ちらほら見える女性客は、やはり全員が小盛りを食べていました

ちなみにこの店、追加料金を払うと『兄貴』『番長』『星人』まで頼めるそうです。量は『兄貴』が1.2キロ・『番長』が1.6キロ・『星人』が2.3キロ とのこと


 ・・アホではなかろうか(´-д-;`)







【訂正】パスタ1人前を計る方法 http://nanapi.jp/945/
私は家で茹でる時このやり方で計っていたので正確に何グラムか存じませんでしたが・・・どうやら約100グラムのようです  意外と少ないんですネ。
ご参考までに♪



shizutamarakugo at 19:19コメント(9)トラックバック(0) 

2010年11月03日

休日出勤でした・・・(´-д-;`)
月初は雨が降ろうと槍が降ろうと休むことができない職種 
いつも通り、誰もいないオフィス街・神田でFM聴きながら、独り淋しくお仕事です。途中のぞいたツイッターで「福山雅治と小西愛美が結婚」の速報を知り慄いたりしながらも、今日の分の作業は終了。すぐ近所の司町交差点へ向かいます。

そもそも「交差点へ向かう」という文章自体おかしいですが、本当に交差点で待ち合わせていたのですよ(笑)  たまたま昔すぐ近所のオフィスで働いていた方と知り合いになり、じゃあ久しぶりに懐かしの神田で一杯やろうかという話になりました。そして現役神田OLである私のチョイスした店が、神田司町交差点の脇にある店だったんですね  
こういう時、同じエリアにいた人だと「じゃあ〇〇交差点の前で」という言葉が伝わるからいいですよね(^_^)ニコニコ

さて、私が案内した店は、韓国料理の有名店「ちぇごや」。
海鮮ちぢみが「どっちの料理ショー」に出品されたお店です

101103_1812~0002101103_1818~0001




海鮮ちぢみ&牡蠣の揚げ物





101103_1827~0001101103_1821~0001

生まっこり&ダッタカルビ





さて、こんな感じで過ぎていった私の祝日・・・いかがでしょうか。
正しい休日ではないけれど、まずまずかなといった採点です。
とりあえず、VIVAマッコリ(*´∇`*)


                       お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 21:06コメント(0)トラックバック(0) 

2010年06月09日

私の働く街・神田では飲食店が雨後の筍のように、できては潰れ、できては潰れます。そのサイクルたるや、相当なもの(´-д-;`)  
理由はわかりませんが、多分オフィス街なので舌の肥えたサラリーマンに安く旨い物を提供せねばならず競争が激しいんでしょうね。それと大手町が近いので、テナント料も高いのかと・・・

私の働くビルの数軒先(大通り沿いではないけれど角にある一軒家)にも、「ドイツラーメン」というヘンテコなラーメン屋がありました。ドイツで開発されたラーメンが日本に逆輸入されたという、怪しげな店・・・ラーメンには興味ないので行ったことありませんが、1ヶ月ほど前「ドイツに移転します」という、いかにも嘘くさい貼り紙を残し、あっという間にいなくなりました(笑) そしてその数日後、内装工事が始まるやいなや、またたく間に別の飲食店に生まれ変わったのです  ・・・恐るべし、神田という街v( ̄∇ ̄)v

今度のお店は「化学調味料をいっさい使わないつゆ」と書いてあります。ほぅ、蕎麦屋か。しかも化学調味料を使わないなんて、面白いではないですか。私はいつも手弁当を持っていくのでなかなか入る機会がありませんでしたが、毎朝毎晩前を通りかかるうちに、不思議なことに気付いたのです・・・・なんか、北京語が飛び交っていないか?? そう、この店、中国人の中年夫婦が営む蕎麦屋さんだったんですネ(; ̄Д ̄)   ・・・何故、中華ではなく蕎麦なのか

とりあえず、うどん派の私は蕎麦ではなくうどんを注文してみましたが、本当に優しい味がしました。出汁がちゃんとした鰹出汁なんですね。麺もきしめんで、とても懐かしい味のする美味しいうどんでございました。化学調味料を使ってないというのは嘘ではないです

それにしても不思議だ。日本語もロクにしゃべれぬこのご夫婦が何故蕎麦屋をチョイスしたのか。そしてなにより、中国人なのに(失礼)天然指向という珍しさよ!! 調味料どころかヤバイ粉末とか使いそうなイメージなのになぁ(゚∀゚)アヒャヒャ

100604_1302~0002100604_1310~0002



shizutamarakugo at 20:10コメント(0)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ