立川談四楼

2013年06月06日

5月に読んだ本です(´▽`)


【星5つ☆☆☆☆☆】
●「いつまでもショパン」中山七里 ●「死の蔵書」ジョン・ダニング ●「三匹のおっさんふたたび」有川浩 ●「談志が死んだ」立川談四楼 ●「幻坂」有栖川有栖 

【星4つ☆☆☆☆】
●「下町ロケット」池井戸潤

【星3つ☆☆☆】
●「雛の鮨」和田はつ子 ●「賢者はベンチで思索する」近藤史恵 ●「とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢」ジョイス・キャロル・オーツ ●「不等辺三角形」内田康夫 ●「南天うさぎ」和田はつ子

【星2つ☆☆】
●「1922」スティーブン・キング ●「それいゆ」嶽本野ばら 



・・・以上、計13冊。
ここのところ大体、月13~14冊で落ち着いているようです。
しかし今回は飛び抜けた“大当たり”がありませんでした
星5つは何冊かあるんですが、どうも印象が薄いんですよね~。
「三匹のおっさんふたたび」も良かったには良かったんだけど、やっぱり前作の方がインパクト強かったし。あ、「談志が死んだ」は談四楼師匠の文章が素晴らしく、立川流の人間模様も興味深くて “なんでもっと早く読まなかったのよ~” と思いました。3月の大和田落語会が立川ぜん馬師匠&龍志師匠の2人会だったので、出来ればその前に読んでいたかったです( -д-)ノ  途中で止められず一気読みしましたよ。13冊の中では一番オススメ  談四楼師匠の多才さに感服です!!!

「大当たりがない」とかエラソーなこと言った割に結構楽しんでますね私(笑) 失礼致しました~。ちなみに今は図書館で長いこと予約していた本がまた一気に押し寄せ(なんでいつも一気に来るか不思議)、嬉しい悲鳴を上げながらも地道に少しずつ少しずつ読み進めています。早く連勤が明け一日読書にふける時間が欲しいです(;´Д`)



                お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 19:15コメント(6)トラックバック(0) 

2010年10月29日

花の金曜日
大急ぎで会社を脱出し、世田谷は経堂まで行って参りました。
今日は「さばの湯」さんにて立川談四楼師匠の独演会です♪

ちなみに「さばの湯」という名前ですが、銭湯ではありません。
私も初めてだったのでよく分りませんが、銭湯のような人情・趣を主旨とするお店のようで、HPには「銭湯風カフェ」と書いてあります。が、まぁカフェというより居酒屋ですな  http://sabanoyu.oyucafe.net/

101029_1905~0001   立川 長四楼 「子ほめ」
  立川 談四楼 「酒の小咄」
  立川 談四楼 「らくだ」

お客さんのほとんどが師匠のコアなご贔屓さんらしく、まるで群馬県人会のようになっていました・・・(師匠は群馬の出身です)
マクラに折り込んだ「上毛カルタ」がとても見事で、日本にもまだまだ知らない文化が沢山あるんだなと感心してしまった私です
  
談四楼師匠を拝見するのは意外にも今日が初めてでしが、立川流の第一期真打ちなんですネ(失礼が無いように軽く事前調査)。
ツイッターのフォロワーさんが師匠のご贔屓さんで、誘って頂いたのが今日の訪問のキッカケでしたが、その博識さ、そして大御所にも関わらず丁寧に接してくださるお人柄に触れることが出来、勉強になりました。

チラシに「鯨料理付き」と書いてあったのでドキドキしてましたが、思ったより美味しゅうございました(私は一応、給食に鯨肉が出るのは終了していた年代なので・・・もしかしたらマトモに食べるの初めてだったかもしれません) 昔はコレが一般的だったんですね~。

そんなこんなで、いろんな感慨に浸りながら電車乗り継ぎ、遠い遠い千葉まで帰宅するのでした。明日は元気があったら黒門亭に行きます。


                    お後がよろしいようで。

 


101029_2203~0001
《写真》鯨のベーコン! ちょっと脂っこいなと思いましたがお酒には合いました。 



shizutamarakugo at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 
猫ムスメ