肩こり

2013年03月14日

今日は途中で会社を抜け出し、整形外科に行かせて頂きました。
日本橋にある「名倉整形外科」という病院です。
なんでも江戸時代から「骨つぎ医」を営む名門一族の病院だそうでw

実はここ、社長の紹介なんですよね( -д-)ノ
今まで私、会社の人達には肩こりの話とか一切してなかったんです。でも今月の月初はあまりに頭痛がひどかったので、耐えかねて「ちょっと鍼に行ってきます」と1時間くらい逃亡したんです
そしたらそれを聞いていた社長が私にどんな症状なのか訊ね、「オレと同じ症状だ」と言い出し、この病院を勧めてくれましたΣ(´д`;)
社長が調子悪そうにしてるのは知ってたんですが、まさか同じ症状(頭痛・吐き気・手の痺れ)だったとは・・・

社長の場合、肩というより首だそうです。
首痛がひどく手が慢性的にしびれるのでこの病院へ行ったら「頚椎がズレてる」とか言われ、今でも週1ペースで『牽引』に通っているそう。根本的に治るワケじゃないけど痺れの頻度は減ってラクになったよ~と言ってました。

まぁ長年の経験から病院で肩こりが治るとは思ってませんが、せっかくの好意だし♪ モノは試しです。早速お散歩がてらテケテケ行って参りました。日本橋と言っても中央通りを真っ直ぐ直進、会社から15分程度です。受付をし、軽く先生と話をした後、まずはレントゲン撮影。そして先生から見せられた写真を見て、思わず笑いました。「めっちゃ真っ直ぐ・・・(苦笑)」

01[1]



典型的なストレートネックです。ストレートネックとは首の頚椎が真っ直ぐ(正確には30度未満の曲度)になっている状態のこと。通常、首の頚椎は30~40度曲がっていて、それによって頭部の重みを受け止めることが出来るんです。
でもストレートネックの場合、頭部が背骨より前に来てしまう為に、重い頭を首の筋肉で支えなければならず、慢性的な肩こりや頭痛の原因になるのです

・・・と、エラソーに医者のようなことを言いましたが、実は以前から知ってました。なにせタイトルに“肩こり”と付くテレビ番組は見逃さない人間なんでwww   そして、「恐らく自分はストレートネック」と自覚もしていました。全ての条件が当てはまるからです。でも、まさかこれほど真っ直ぐとは・・・(爆) 曲度30度未満でストレートネックですが、私の場合はシャキーンと0度に見えました  こりゃ肩も首もこるワケだわぁ(●´ω`●)

さて、想像通り自分が立派なストレートネックであると判明した私。
しかし問題は、
そうと分かってもどうにもならないこと
です。
「ストレートネックですねぇ」「治るんですか?」「・・・。」って感じ。
そう、ストレートネックは手術や薬で治らないんです
長年の姿勢で伸びた頚椎は、同じ年月をかけ矯正してゆくしかありません。姿勢を正し、マメにストレッチをする。つまり今まで自分がやってきたことが全てです(医者にも同じこと言われた)。プラス、冷やさないことかな。

とりあえず今回、医者には唯一出来ることとして「レーザー治療で根気良く温めてゆきましょう。」と週2程度の通院を勧められました。まぁ経営者としてはそう言いますわな(チクリ)。でも温めて筋肉をやわらげることが症状の改善に繋がることは確かなので、週2とは言わないまでも週1ペースで通ってみようかとは思っています。
・・・モノは試し、ですからネ( ̄ー ̄)ニヤリッ



                    お後がよろしいようで。



130314_1328~0001130314_2001~0001











【追伸】
ところで今日はホワイトデーでしたね。今年は会社の男性一同から「DEBAILLEUL(ドゥバイヨヨル)」のチョコレートを戴きました 今、日本で大人気の高級ベルギーチョコメーカーです。流石は当社が誇る「スイーツ男子」のT君セレクト(笑) かなり並んで買ってくれたそうで、嬉しかったで~す。


shizutamarakugo at 20:46コメント(6)トラックバック(0) 

2012年05月25日

ここ数日、私は会社の女子トイレ内で物凄~くアヤシイ動きをしております( ̄ー ̄)ニヤリッ

 

原因は「ここが聞きたい!名医にQ」という番組の肩コリ特集を見たから・・・

このような番組は数あれど、流石はNHK、真面目に私の知りたかった内容を放送してくれました。そしてこの番組を見て私は腹を括りました。『結局のところ肩コリと闘うには肩に筋肉を付けるしかない』。今まで散々テレビや本で肩コリの勉強をした私。薄々分かってはいましたが、やはり肩コリに根本的な治療法は有りません。自分で“なるべくコラない生き方”をするしかないのです

 


そこで、まずは姿勢。

放送内容を参考にし、会社の机と椅子の高さを調整しました(ご興味の有る方はコチラのサイト6番「正しい姿勢での座り方」をご覧ください)

今まで机を広く使いたいという気持ちからかキーボードを奥の方に置いてしまっていましたが、それだと腕を伸ばさなくてはならず肩に負担がかかっていたようなので、手前に移動しました。そして出気味だった顎を引き「頭をまっすぐひもで上につられているように」「胸を張ってあごを軽くひく」を意識して座るようにしました。これだけでだいぶ肩に力が入らなくなった気がします

 


そしていよいよ運動!!!!!!

肩回りをほぐし、そして筋肉を付ける体操を続けることにしました。(ご興味の有る方は上記サイト5番「肩のタイプで運動が違う」をご覧ください)

これによると私はいわゆる“いかり肩”らしいので、

  いかり肩・なで肩共通 (肩甲挙筋のストレッチ)

  いかり肩の筋トレ(僧帽筋下部の筋トレ) 

 

この2つを続けます。そしてついでに

  マエケン体操(笑)

 

これは全く違う番組で見たのですが、野球選手のマエケンがいつもやっている体操が今、話題になっているそうです。前かがみになり、腕を肘から前に出し左右交互にグルグルグルグル回しまくるこの体操(YouTube参照)ハタから見ると滑稽以外の何物でもないですが、やれば分かります。かなり気持ちいい。肩甲骨の動く音(?)がして、筋肉もほぐれているだろうと実感できます。

 

以上、3つのチョー怪しい体操を女子トイレでしている私

何故トイレかというと、習慣付けたいからです。「マメにやりなさい」と言われてもそうそう出来るものではありません。人間、忙しさにかまけて忘れます。お医者さんも「朝起きたらやるとかお風呂でやるとか習慣にすると良い」と言っていたので、私は会社でトイレ休憩の度、少しずつやることにしました。

幸いウチの会社は洗面所が広く綺麗なことだけが取り柄です。鏡の前で両手を伸ばしグルグル振り回してみたけど大丈夫でした。しかも女子トイレは私しか使わないので完璧にマイ・スペース。何をしようと誰も見てはいません。

 

しかしこれだけ極端な男女比(現在101

いつ何時“緊急事態”に陥った男子が女子トイレを開けないとも限りません。その時、私がものすごい勢いで「マエケン体操」をしていたら・・・考えるだけで嫁に行けなくなります。
しかし私はやります。

 

それほど肩コリとの闘いは壮絶なのです(≧ヘ≦) ムゥ

 

 



shizutamarakugo at 20:10コメント(6)トラックバック(0) 

2010年09月03日

100824_1851~0001以前からボヤいているように、私は肩コリがひどいです。肩コリ歴に関しては誰にも負けません、25年です。思えば幼稚園生の時、ピアノのレッスンをすると肩がはって吐き気をもよおしていた記憶があるので、筋金入りの肩コリ持ちと言えるえでしょう 
デスクワークをしている今となっては耐え難い症状となり、特に定期的に襲ってくる頭痛・吐き気には本当に困っています(T_T)

先日もズキズキする頭を抱え浦安駅で下車したところ、なんということか、目の前にこんな広告が現れました これは運命です。しかも略図を見たら、うちのド近所。正に通り道です。行くしかないでしょーと思い寄り道したところ、とても広くて立派な治療院が完成していました。中には中国人の女性4人+男性1人が忙しく立ち働き、活気に満ちています。

今までマッサージ・整体・鍼・灸と数々の肩コリ治療に挑んできた私なので、腕にはうるさいです。どうせよくある整体だろと内心軽く見ていましたが、あまりの丁寧な治療に寝落ちしそうになりました。電気でほぐすところから始まり、時間をかけてジックリ治療してくれます。終わった時には未だかつてないくらい肩が軽くなっていました。そしてこれが肝心ですが、翌日も翌々日もコリがぶり返しませんでした。素晴らしい。

もちろんコリは身体のクセなので、一度の治療で治るものではありません。定期的な矯正が必要です。そう分かってはいるので、2年間せっせと某・整体医院に通い続けたこともあります。が、全く良くなる兆しがないので止めてしまっていた私です。
でも、今回はなんとなく違う気がします。過度な期待はガッカリの元なので自制しておきますが、もしかしたら私にとって救世主になるかもしれません。とりあえず、“いざという時”の駆け込み寺になることは確かです。

私がTwitterで「整体なう」とつぶやく日が、きっと増えることでしょう

shizutamarakugo at 21:48コメント(2)トラックバック(0) 

2010年04月26日

100426_1358~0001 図書館で、こんな本が目に留まりました・・・
なんてそのまんまな題名(●´ω`●)

こんなの借りたらチョットばばくさいかなぁと思いながらも借りちゃいました。
なんせ肩コリ歴25年の私ですから・・・
(5歳の頃からピアノを弾いては偏頭痛に見舞われていた、ばばくさい女)


いわゆる学術書を柔らかくしたような本ですからきっとつまらないだろうなぁと思ってページをめくり出しましたが、これが面白い! あっという間に読み終えてしまいました。

現代社会における肩コリ率の高さに始まり肩コリの仕組み、何故なるのか・・・特に興味深かったのは “病院への行き時” でした。
前々から私も思ってたんですよね。コレもう異常だから整形外科にでも行った方がいいんじゃないかと・・・  でもなんか肩コリごときで病院に行くというのが恥ずかしくて・・・大袈裟だと思われたら嫌じゃないですか。しかもまだこの年齢だし それで整体で誤魔化してたんですが、病院へ行った方が良い判断基準である<頭痛><吐き気><手の痺れ>などが、ことごとく当てはまってたんですね。
まぁ今すぐ行くか行かないかは別として、なんだか逃げ場が見つかりホッとしました。

しかしまぁ、こんな一見つまらなそうな本なのに、興味がある人にとっては面白いものです(*´ェ`*) 小説でもないのにすごいスピードで読んだ自分に驚きました。って、ホントどうでもいい話ですな。

・・・なんか今日は、ばばくさい上に景気の悪い内容ですいませんでした(≧ヘ≦) ムゥ

                         お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 19:54コメント(2)トラックバック(0) 

2009年12月06日

1500円・・・些少な金額ですが、私に幸せを与えてくれた金額です
それは・・・マッサージ代(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

もともとヒドイ肩こり持ちで、一時は(当時の)仕事が災いしてか、注射を打って誤魔化してしたくらいのヒドさ。
今も定期的に整体に通っているのですが、ここ2週間ほど仕事で帰りが遅かったので、行けませんでした。そして忘年会だの落語だと飛び回っていたら、3日ほど前から痛くて痛くて眠れなくなっちゃったんですね・・・
でも、整体は日曜日お休み・・・ってなワケで、日曜も営業してるマッサージ店をネットで探し、駆け込みました。
(余談ですが、マッサージはあくまで“急場しのぎ”です。ほぐすだけなので、気持ちいいけど根本的な解決にはなりません。そして、マッサージに行ったと白状すると整体の先生には怒られます

いやぁ、それにしても生き返りました(^∀^) たった15分のクイックマッサージでしたが、ものすごい気持ちよかった。やはり15分では物足りないけど、両肩に有った3トンの重しが1トンになったくらいの開放感はありました。庶民の幸せですな
  (とりあえず明日は必ず整体に行くので許してね、先生・・・)

「9億円」に継ぎ「1500円」。本日2度目の更新ですが、こんな小額でも幸せになれて嬉しかったので、書いてみました。
 あ~でも9億円あったら毎日マッサージに行けるなぁ・・・って、発想がまず小者ですね(笑)  駄目だコリャ!
                           

                    お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 22:23コメント(4)トラックバック(0) 
猫ムスメ