落語カフェ

2012年02月15日

バレンタインナイトの昨晩は、落語カフェにいました。
国生さゆりがキッスして結婚しようと、ま、私はこんなもんです( -д-)ノ

久しぶりの「らくごカフェに火曜会」。
この会は数人の二つ目が交代で毎週火曜日に行っている勉強会です。バレンタインの今回は三遊亭天どんさん&柳家こみちさんでした
この組み合わせは意外にも約1年振りだそう。顔付けを決めているこみちさんの策略ではないか・・・ま、もっとヤバイ組み合わせもあるけどね・・・と最初から毒を吐く天どんさん( ´∀`)つ
ちなみに火曜会は1500円の木戸賃でワンドリンクが付きます。コーヒーだのウーロン茶だのを選ぶ女性が多い中、私はキッチリ「サングリア」♪♪♪  100円のサンドイッチをつまみに、まずは腹ごしらえ

120214_1915~0002三遊亭天どん  『金明竹』
柳家こみち    『旅行日記』
三遊亭天どん  (こみち夫婦をモデルに作った新作)
    ~仲入り~
柳家こみち    『紺屋高尾』

こみちさん、今回はめくりをチェックするだけでなく座布団の返しまでチェックしてお客さんに「返してるよ」と言われていた。クセなんだろうか・・・。天どんさの作ったユル~イ雰囲気を正すべく、正統派な『紺屋高尾』、高尾がしっとり品があり、お見事でした。

天どんさん、全く似合わない赤い着物で登場。もしやバレンタインを意識したのだろうか(いつも着ているのかな??)
一席目は苦手の金明竹を自虐チョイス。いつも通り、セルフ突っ込みを入れながらグダグダと。二席目は「お下劣なネタやりますからね~」との宣言に違わず、「う〇こ」連発の小学生のような新作w 少し前の早朝寄席でも聴いた気がするけど、なんてタイトルなんだろう。どうでもいいけど、旦那がこみちさんに言う悪口(!) 「小三治の弟子の弟子!」がヤケにツボで後を引きました(笑)

19時半開演、21時終了・・・のハズが時計を見たら21時半。
毎回長引きがちなこの会、聴く方も体力勝負です
 しかし火曜日というスタートダッシュ的な曜日にも関わらず毎回かなりの集客で(今回はチョット少なかったけど)頑張っているのは大したものだと思う。落語カフェも隣のテナント(子供向けの本屋)との確執があって、並ぶ位置が変わったり久しぶりに行ったら大変そうだったけど、若い女性が沢山手伝いをしていて良い雰囲気でした。どんな世界にもクレーマーや言いたがりっていますが、くじけず直進して頂きたいものです。



                           お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 19:50コメント(10)トラックバック(0) 

2012年01月09日

養老渓谷旅日記は一旦お休みし、落語ブログです(笑)

成人の日の今日はようやく初詣に行ってきました。
詣で先は昨年同様、神田明神です(*´∇`*)

神田明神と言えばAKB48のメンバーが成人式を行うことで知られており、朝からワイドショーに映りまくってました。
しかし昨年も私、同じ成人の日に行きましたが社殿に『AKB48様』と書いてある文字を写メに撮るファンが何人かいるくらいで、静かなものだったんですよ。
それが今年・・・まだメンバーが中にいるのか(?)、いわゆる出待ちをする “それっぽい” ルックスの男性達が社殿を囲んでました 
特に今年は前田敦子や板谷ナントカという主要メンバーが成人を迎えたそうで、凄い騒ぎになっていたようです。この1年で彼女達を取り巻く環境も劇的に変わったのですね・・・(; ̄Д ̄)

などと余計な感慨に浸りながら参拝終了。
店用に小さな熊手を買い、お隣の「天野屋」さんで甘酒も飲みました

120109_1049~0001120109_1050~0001120109_1057~0001











120109_1103~0001120109_1131~0001120109_1140~0001











【写真下段左】なんと神田明神で結婚式を挙げているカップルを見ることが出来ました! 白無垢の花嫁さん綺麗。いいなぁ~いいなぁ~
【写真下段中央】天野屋の甘酒。温まります♪
【写真下段右】3号サイズの熊手。これがラスト1つでした。ラッキー!!



さて、初詣を済ませたとことでお次は初笑い( ´∀`)つ
徒歩でトコトコ神保町の「落語カフェ」まで向いました。
昨日まで年末年始休業だった落語カフェさんにとっての初席である今日は、「談春弟子の会」 こはるちゃんが今年の私の笑い始めな訳です(笑)

【第24回・談春弟子の会】
立川春太郎「道灌」・立川はるか「狸札」・立川春樹「猫久」・仲入り・立川「弥次郎」・立川春太「猫と金魚」・立川こはる「三人旅(びっこ馬)」

こはるちゃんの“馬の乗り方”に関するまくらが非常に興味深かった。
本来、侍は馬に右側から乗っていたそうで左側から乗っている時代劇はバッタモンだという話。なるほど~(*・ω・)ノ
今日が初高座だという春太郎さん含め、皆さん若々しい落語を聴かせてくださいました。これにて私の「笑い始め」終了(゚∀゚)アヒャヒャ

1日2日からずっと仕事仕事で怒涛の日々でしたが、初詣&初笑いを済ませたことによってようやく年が明けた気分になれました
明日からまた忙しい毎日となりますが、なんとか乗り切りたいと思います♪









shizutamarakugo at 20:35コメント(6)トラックバック(0) 

2011年11月03日

祝日ですが、お仕事でした♪
ま、月初なので仕方がないですな(←諦めの境地w)
9時前から集中して仕事し、サクッと17時で退勤

そしてテクテク徒歩で向かった先は神田神保町
実は餃子の有名店「スヰートポーヅ」で食事しようと、知り合いと待ち合わせをしていたのですよ(・∀・)つ 休日出勤に無駄なし、です(笑)

いつも会社から落語カフェへ向かう途中に通りかかる「スヰートポーズ」さん。美味しいと噂は聞いていたので気になっていましたが流石に1人で餃子屋(しかも昔ながらの店構え)へ入る度胸はなく・・・指をくわえておりました。だからようやく念願が叶った訳です 
http://r.tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000637/


111103_1722~0001111103_1737~0002111103_1814~0001

 










ここの焼き餃子は普通の耳型じゃなく、棒型なんですネ。お肉がミッチリ入っていて、超ジューシー!!! それをタレにラー油じゃなくカラシを溶いてサッパリと頂くのです。聞いてはいましたが、なんかシューマイみたいで面白いですよね(笑) しかし食べてみたらカラシのピリリ感がアクセントとなりメチャメチャ合いました。考えた人、すごいな~。ビールと一緒にお互い無言で平らげてしまいました( -д-)ノ

そして帰り道。
半蔵門線の神保町から帰る手もありましたが、腹ごなしに大手町までテクテク。歩き始めてすぐ、私はボソッと呟いたのでした。
「神田達磨が近いよね・・・」 http://www.taiyaki-daruma.com/  

  
“まだ喰うのかッ” 
と世界中からツッコミが入ろうと、カリッカリの羽根が付いた鯛焼きの魅力には抗えない(o^∇^o)ノ  熱々の鯛焼き頬張りながら秋の神田を歩くひととき・・・なかなかの幸せタイムでございます


・・・やはり連勤を乗り切るには美味しい物が一番のようです(*'-'*)



                        お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 21:38コメント(6)トラックバック(0) 

2011年05月31日

震災以来、怖くて近寄れなかった場所、落語カフェに行ってきました。なにせ初めての人は入るのを躊躇する程のアヤシイ外観をした落語カフェです。その古さといい立地といい、一番地震に合いたくない場所の1つです

しかしせっかく会社から徒歩15分という私のためにあるような(?)マニアックポイント・・・いつまでも避けてはいられまいと、勇気を出して行って参りました。念のためビルの周りをグルッと見て回りましたが特に目立つ亀裂等はないようで・・・むしろよくあの揺れで無事であった、と驚きです(´・ω・`)   あの年代の建造物って意外と丈夫なのか!?

110531_1901~0001柳亭 こみち    「湯屋番」
金原亭 馬吉  「錦の袈裟」
   ~仲入り~
金原亭 馬吉  「厩火事」
柳亭 こみち  「祗園祭り」

こみちさんは間近で拝聴するのは初めてでしたが、とても小柄(に見える)可愛らしい女性でした。ニッセイのCMの裏話が楽しかったです。祗園祭りの京言葉も非常に雅でお上手!ベランメエな江戸男との対比がお見事でした。

そして馬吉さん。久しぶりの馬吉さんでしたが……
も、申し訳ない。゜゜(´□`。)°゜。 。゜゜(´□`。)°゜。 

実は昨晩悪夢にうなされほぼ一睡も出来なかったワタクシ、馬吉さんのテンポ良い喋りが子守唄となり、気絶致しました(泣)
特に仲入り前が限界で、「錦の袈裟」の記憶がほとんどありません


そんなワケで私、今日はコソコソっと失礼します。
早く寝ますから。次は寝落ちしませんから(泣)



                       おやすみなさいまし



shizutamarakugo at 22:39コメント(5)トラックバック(0) 

2010年12月22日

ようやく書けます、落語ネタ・・・
「OL、落語にハマる」などという題名ででブログを開いている私ですが、なんと、落語会参加は実に25日ぶりでした∑ヾ( ̄0 ̄;ノ 
最近は自分の仕事・人のヘルプで忙しく、土日もほぼ働いているとはいえ、これはいけませんねぇ 深く反省する次第です。

さて、25日ぶりの落語会は「TWO 夏丸・きつつき 二人会」@落語カフェ。落語芸術協会の桂夏丸さん・円楽党の三遊亭きつつきさんという、私にしては珍しく落語協会ではないお2人の組み合わせ 
きつつきさんは以前「ニフティ寄席」の公開録音会で拝聴し、とても楽しく、是非また聴きたいものだと思っていました。夏丸さんの方は私の不勉強さから、お名前を聞くのも初めて…  失礼が無いよう事前にググッたところ、群馬県出身・二つ目になって4年目の若手さんとのことでした。

101222_2139~0001桂 夏丸 「粗忽長屋」
三遊亭 きつつき 「風呂敷」
   ~仲入り~
三遊亭 きつつき 「反対車」
桂 夏丸 「質屋蔵」

←写真は神保町交差点にあったツリー。

お客さんはやや少なめの30名ほどで、逆にゆったりと聴くことが出来て有難かった。カフェも狭いからねぇ・・・

きつつきさんはニフティ寄席でも「整形前の市橋容疑者似」などと自虐ネタで爆笑をとっていたけれど、今回も自らが10年後、情熱大陸に出たら・・・と、やり倒し、可笑しかった(もちろん三三さんのイジリです)。きつつきさんは、いわゆるフラを持った人なんだと思う。

一方の夏丸さんは、きつつきさんと対照的。想像以上のイケメンで、若干テンションが上がってしまった(笑) 
佇まいがとても上品で、役者顔というのかな。色白で面長、目が細く、気品のある顔をしている(眉毛はもう少し太い方がいいと思う)。所作にも育ちの良さが出ていて、26歳には思えぬほど落ち着いている。もちろん語り口もソフトで柔らかく、聴きやすい。歌も上手く、俳人としてもご活躍とのこと・・・好い男だから褒めるわけではないけれど、今後追いかけてみたいと思う若手さんの一人になりました(^_^)ニコニコ

余談ですが、夏丸さんのお父様(根付作家)の作っているホームページがとても良いです。その名も「マイ愚息=桂夏丸」
息子さんダイスキな感じが伝わってきて微笑ましいです(笑)
http://homepage2.nifty.com/zouge/contents3.htm
・・・親って、ありがたいですね。

                        

                     お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 23:40コメント(4)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ