道楽亭

2012年03月25日

第3回「岩手飯と岩手酒の会」に参加してきました(^∀^)
この会の概要についてはお手数ですが昨年6月4日の記事「岩手飯と岩手酒の会」をご覧ください  端的に言えば、岩手の旨いモンをたらふく食べて飲んで応援しましょう!! という楽し過ぎる会です(笑)

残念ながら第2回は諸用により参加することが出来ませんでしたが、今回は張り切ってスケジュールを調整させて頂きました。場所は第1回目と同じく落語会でお馴染み「道楽亭」さんです。

120324_1803~0001120324_1804~0001120324_1804~0002











【写真】品評会さながらに並ぶ岩手の酒&ワイン・・・これに地元の白ビールも加わり、多数の酔っ払いが出来上がりました(笑) ちなみに第1回では酒の名前の書かれたポップはありませんでした。やはり場数を踏むと違います。荷物置き場が出来た事なども含め、痒い所に手の届く対応でした。有難うございます。

120324_1801~0002120324_1801~0001120324_1835~0001











【左】こう見えてかりんとう。激旨! 野沢菜亭冷麺ちゃんの実家のご近所で、おばちゃん達が手焼きしている菓子だそう。もちろん東京では手に入る術もなく、正に地元でしか買えない幻の逸品です。
【中央】上に乗っているのはハムではなく、宮古で獲れた鮭の燻製。チーズに合いすぎ。
【右】岩手の牧場のミルクで作ったグラタン。クリーミーさがたまらない。

120324_1807~0001120324_2015~0001120324_1909~0001











【左】ジュレをまぶして戴くお洒落なサラダ。
【中央】「待ってましたッ」と声をかけてくなる永遠の主役、白金豚のトンカツ。今年は冬が寒く豚が動かなかったため脂が少ないとのことでしたが、全然そんなことはありません。第1回目で食べたのと同様、ジューシーでとろけるお肉でございました(泣) これも一般に小売はしていないそうなので、貴重な逸品です。
【右】同じく白金豚のベーコン。


120324_2032~0001120324_2204~0001











【左】海宝漬け。岩手では各家庭で作るそうです。これは買ったものですが、これを作ったメーカーさんと津波との因果関係を聞いてグッときました。
【右】デザートは濃厚チーズケーキ。余った数ピースを巡り女子同士でジャンケンし、2切れ目もGetしました

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


いやいや、今回もこれでもかってくらい並ぶ御馳走と酒の数々・・・
全て野沢菜亭冷麺ちゃんが3月11日、1周忌法要で帰省した際に仕入れてきてくださった地元の食材・・・頭が下がります( p_q)エ-ン
5000円の会費で赤字になってないか!? ちょっと心配

復興支援といっても色んな形があり、また、色んな考え方があります。
瓦礫の受け入れひとつ取ってもそうですし、「食べて応援」を揶揄する人も沢山見ました。まぁ結局自分の身体は自分で守らなければいけない世の中ですし、そもそもそれが分かったのが今回の震災でした。国は何もしてくれないし信用も出来ません。だからキーッとなって何に対しても否定的になる人の気持ちはよく分かり、私もあえて復興関係や原発関係の話題には触れずに今まで来ました(毒吐きブログなのにw)  軽々しく1人の人間が意見でいる問題ではないからです。ただ、1つだけ言えるのは、互いに思いやる心を忘れてはいけないということ。人としての基本です。色んな人がいて色んな考えがあるけれど、これだけは忘れずに頂きたいものです。

などと固い事を言いましたが、「岩手飯と岩手酒の会」の良い所は基本的に皆が楽しみたくて参加している事です(実際メッチャ楽しいし♪)
ゲンパツハンターイと拳を上げる訳でもなければどこかで聞き齧ったかのような東電批判を繰り広げる訳でもない。皆シンプルに岩手の飯を食べ酒を飲み、東北に思いを馳せるのです。それは主催者の野沢菜亭冷麺ちゃんが意図するところでもあると思うし、また、彼女の人徳でもあると思います。

こんな楽しく東北を応援する事ができる「岩手飯と岩手酒の会」、きっと第4回・第5回と定期開催して頂けるでしょう(←希望)笑。
次回は岩手に繰り出し花巻あたりの湯治場で温泉に浸かって酒を飲もうなんて話もあり、ワックワク♪♪♪
次回開催の際もまた時間の許す限り参加したい思っております



shizutamarakugo at 00:28コメント(2)トラックバック(0) 

2011年06月04日

「岩手飯と岩手酒の会」うんめぇもん食わせっがらよ♪ まんつ、おでんせ。

震災にあった東北には今後、長期的に支援が必要です。
ぜひ、皆様には東北のファンになってもらいたい。
足を運んで、うんめぇもん、たくさん食べて飲んでもらいたい。
人の気持ちを動かすにはまず、胃袋から!
ってことで、野沢菜亭冷麺。の故郷でもある岩手の岩手飯と岩手酒の会を開催します♪

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.*:--☆--:*:--☆--:☆゚+.☆゚+.☆゚+


ツイッターで、上のようなつぶやきを発見しました。
つぶやき元は、野沢菜亭冷麺ちゃん。私がツイッターを初めた初期の頃からのフォロワーさんで、同年代の落語ファンの女の子です。今までは何気なく仕事の事や落語の事をつぶやき合っていたのですが、311を境に、彼女のつぶやきが変わりました。
そう、彼女は岩手県、しかも釜石市の出身だったのですね・・・

家族を心配し、早く駆け付けたいけど交通手段が無い、叔母さんの行方がわからない・・・・・・毎日彼女のつぶやきを見ていて、辛くてなりませんでした。

あれから2ヶ月半。
けっして当事者にしか分からない悲しみや苦しみがあったと思いますが、彼女は今、前向きに東北復興に向け活動を始めています。そしてその一環が上のつぶやきです。私も今日は仕事でしたが、「途中参加で良ければ・・・」と参加させて頂きました。


酒1酒2酒3












背中サラダ魚












白金豚ほやじゃじゃ麺













会場は落語会でお馴染み、新宿2丁目の道楽亭さん。
落語ファン仲間の方がコーディネートしてくださったそうです。
お酒は全て冷麺ちゃんが岩手に帰省し足で買い求めてくださった東北の銘柄・・・
工場が被災し、今となっては手に入らなくなった貴重なお酒も含まれていたようです。全部で数十種類の日本酒とワインが並び、まるでテイスティング大会でした(笑)

食事も東北の食材にこだわり、特に「白金豚のトンカツ(写真最下列左)」・「ホヤの塩辛(写真最下列中央)」・「じゃじゃ麺(写真最下列右)」が珍しく、皆のテンション上がりまくりでした

参加者30名で大盛り上がりに盛り上がった会でしたが、最後に冷麺ちゃんが語った “義援金” に関する言葉がガツンと身に染みました。薄々感じてはいましたが、どこに届くかわからない義援金など、なんの役にも立ちません。こうして東北の食材を食べたり飲んだり、東北へ遊びに行ったり泊まったり・・・直接的に “お金を落とす” ことが東北復興の足掛かりとなるようです。

早くも第2回・第3回が予定されているらしい、この「岩手飯・岩手酒」の会。
楽しく飲んで食べて東北支援が出来る素晴らしい企画です。
どうぞご興味のある方はご一報ください。皆でお金を使いましょう




 



shizutamarakugo at 23:56コメント(10)トラックバック(0) 

2010年09月04日

月初の締め作業もいよいよ山場・・・。計算しても計算しても尽きる事がないタイムカードと戦うため、今日も7時に出社致しました。休日出勤・早朝出勤も板についた今日この頃です(*´ェ`*)
しかし大人しく仕事だけしている私ではありません。与太郎の名がすたります。物凄い勢いで電卓&パソコンを叩き、16時に退社しました

向かった先は新宿2丁目、道楽亭。今日は橘家文左衛門師匠の独演会「兄ぃ、吼える!」の日です しかもゲストは大好きな菊六さん
開場時間ピッタリに到着しましたが、土曜日ということもあり既に行列ができていました。最終的にはいつも程の集客は無かったものの、とにかく狭い  私の中では、道楽亭さんとノラやさんが1・2を争う苦手スペースです(狭いトコ嫌いなんで) ・・・でも、好きな噺家さんに会うためなら我慢我慢。

1 橘家 文左衛門 「道灌」
 古今亭 菊六 「大工調べ」
    ~仲入り~
 橘家 文左衛門 「もう半分」

菊六さんはゲストながら、兄ィの「たっぷりやれ!」との命を受け、大工調べフルバージョン(笑)40分くらいかけて大汗かきながら演じていらっしゃいました。ド迫力の文左衛門師匠に端正な貴公子・菊六さん、といった普段起こりえない顔付けが楽しい会でした♪

終了後の打ち上げにも参加。そしてそこで私は、とても興味深い体験をしました。なんと、Twitterのフォロワーさんと初めてお会いしたのです!!! たまたま好きな噺家さんやよく行く小屋が一致するので、そのうちバッタリ出くわすだろうとは思っていましたが・・・初ビンゴ 

同年代の落語ファンということでネット上では仲良くさせて頂いてましたが、もちろん目の前で会うのは全く違います。でも“ネット上でも基本人格は隠せないと”いう持論を持っている私なので、そう変な人ではないと確信していました。そして実際合ったフォロワーさんは、イメージ通りの、とてもシャイで真面目な方でした。ステキなプレゼントまで戴き、感謝多謝。また1人、落語仲間GETです♪

フォロワーさんとお酒を飲み、菊六さんに落語カフェでの再会を約束し、満足な気分で道楽亭を出ました。空には星が輝き、道では中年の男性カップルが手を繋いで見つめ合っています。
大都会東京、こんな夜も悪かないなと思いました

                         お後がよろしいようで。

123









《写真左》フォロワーさんがサプライズプレゼントとしてくださった、「猫ムスメ手拭い」  ・・・宝物です。
《写真真ん中》打ち上げで出た、肉巻きおにぎり。やたらと旨かったです     

                                        

 



shizutamarakugo at 23:54コメント(6)トラックバック(0) 

2010年08月07日

日曜日からの6連勤がようやく終わりました
もうやってらんねぇ!! とばかりに残りの仕事を投げ打ち突発的に向かった先は、新宿2丁目「道楽亭」です( ̄ー ̄)ニヤリッ

と言うのも、今日は古今亭菊六さんの会「乱れ咲き」の日でした 
実は菊六さん、京都で定期的に落語会を開いているんですが、その席亭さんというのが、私がツイッター上でお世話になっている某大学の先生なんですネ(回りくどくてスイマセン)
“江戸の噺を上方で聴こう” という催しに呼ばれるくらいですから、大変な実力の持ち主。一度聴いてみたいと思っていたのが本日ようやく現実のものとなりました

100806_1843~0001 古今亭菊六 「壺算」
 柳家わさび 「天災」
  ~仲入り~
 古今亭菊六 「船徳」

ゲストのわさびさんも初めて聴く噺家さんでしたが、独特のホワーッとした雰囲気をお持ちで面白かった。チラシに“フラを持っている”と書かれていましたが、ウン、持ってる(笑)
ちょっと頼りない感じが年増心をくすぐります♪

菊六さんは・・・なんというんでしょう。今まで私が聴いたりお会いしたりした噺家さんとは、一風違った方でした。芸もルックスも非常に端正。とても冷静沈着で、育ちの良さが漂う方。そんな菊六さんが演じる馬鹿な番頭や若旦那は、なんとも言えないどうしようもなさが漂います。額に滲む汗にさえ気品が感じられ、ワタクシ思わずボーっとしちまいました(*´ェ`*) 正に落語界の貴公子です。

・・・終了後、打ち上げにも参加。が、この打ち上げがまた驚き!!! なんと参加した17名のうち16名までもが女性という、落語の世界では有り得ない比率だったんです 恐るべし、菊六人気・・・(汗)
とりあえず初対面なので名刺交換だけし大人しくしておりましたが、気を使って席まで挨拶に来てくださいました。その優しさに再びポーッ

というワケで、疲労+貴公子+ビールでポーッポーッポーッと眩暈を起こし、ヨロヨロしながら帰宅したのでした。
ハイ、ごめんなさい。水風呂にでも飛び込んで頭を冷やします。


                       お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 01:15コメント(2)トラックバック(0) 

2010年05月07日

夜も更けた新宿二丁目・・・田舎者でも知っている “そっち系” の街でございますが、昨今の落語ブームはこんな所にまで裾野を広げています(*・ω・)ノ  今日の開場は二丁目のメインストリート、花園通り沿いにある小さなお店、『Rry's Bar』さん。落語会やお笑いライブなどを行う、多目的酒場空間とのことです
   http://www.ryus-dourakutei.com/index.html

100507_1456~0001本日の会は『三遊亭天どん落語会 どこまで続くか!?100番勝負』と銘打っており、天どんさんが隔月で色んなゲストを招き勝負を挑む100番勝負の、なんと今日が第1回目です!
記念すべき初回のお相手は、兄弟子の白鳥さん 
・・・うーん、強烈なコンビですね(笑)

流石に兄弟子が一緒とあり、ノラや寄席と違って天どんさんおとなしめ(笑)

「勝負というか友達の少ないボクに落語家の友達を作るための会なんですよ~」などと、ちょっと笑えないボヤキで開会となりましたが、キッチリ新作落語と古典落語の1席ずつを聴かせて頂きました。特に古典の方「大工しらべ」が良かったな~ やっぱクセになる人です。

しかし!! 今日の私が語りたいのは白鳥さん 天どんさんを応援すべく行った落語会なのに、すっかり白鳥さんの芸に感心させられてしまいました。だって、人の会でいきなり “ネタおろし” ですよ(笑) 天どんさんも仰ってましたが「なんてことしてくれるんだ」です
しかしその新作「いたち亭 留吉」は本当によく作りこまれていました。言うまでもなく円丈師匠の「いたちの留吉」をアレンジしたものですが、新作でありながら古典(大工しらべや文七元結)の笑いを上手く取り入れリンクさせ、いわゆる “落語通” の方々のマニア心も満たす内容となっておりました(^_^)ニコニコ  しかもサゲを円生襲名問題に持って行くところなんか流石!! お客さんのハートをガッチリです。

風邪で熱があるそうで、真っ赤な顔をして大汗をかきながら演じていらっしゃった白鳥師匠ですが、その勢いある高座にただただ感服・・・。どうか師弟会in国立演芸場でも「いたち亭 留吉」成功させてください


                        お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 23:27コメント(2)トラックバック(0) 
猫ムスメ