鈴々舎わか馬

2010年09月29日

芝浜謎噺うまや怪談












最近読んだ本

 

「芝浜謎噺 神田紅梅亭寄席捕物帳」 愛川晶 著

 

前作「道具屋殺人事件」に続く神田紅梅亭寄席物帳シリーズ第二弾。
今回も前作同様、二つ目・寿笑亭福の助とその妻亮子を中心とした短編が3篇収録されている。

監修・解説も引き続き鈴々木わか馬さん。この時点ではまだ二つ目の「わか馬さん」だったが、今となっては立派な「小せん師匠」なのが感慨深い。

 

今は落語ブームで様々な本が出ているし、噺家を探偵に置いたミステリも初めてではない。実際私も何作か読んでいるが、本書は落語を背景にして謎を解いていく、落語とミステリをどちらも堪能できる秀作だと思う。落語と本格推理が違和感なく融合させている。

 

今回は『野ざらし死体遺棄事件』 『芝浜謎噺』 『試酒試』
の3つストーリーが少しずつオーバーラップしながら語られていて、どちらかと言うと謎解きよりも人情噺よりに仕上がっている。古典落語の改作という難しいテーマに挑んでいるが、筆者の落語に対する造詣の深さが感じられ、実際に高座で聴いてみたいと思わされた(中の一部分は秘密裏にわか馬さんが口演したらしい)。

 

今、第三弾の「うまや怪談」を読んでいる最中。

最後のあたりで次回、馬春師匠が高座に復帰する前振りがされていて、心憎い。

次作が楽しみなシリーズだ。



shizutamarakugo at 19:25コメント(2)トラックバック(0) 

2010年01月06日

クリスマスの夜「三之助を見たかい?」に参加して以来、仕事が劇的に忙しかった私。『OL、落語にハマる』などという題名でブログをやっているくせに、最近の主な記述は食べ物ネタでございました 
これではいかんと思いつつ早2週間弱。仕事もなんとな~く収まりがついたので、遂に出かけて参りました、2010年初落語会
100106_1915~0001
会場は高円寺のギャラリーバー「ノラや」さん。鈴々舎わか馬さんの勉強会「鐙(あぶみ)の会」初参加でございます。ご覧の通り、20人も入れば満席になってしまうような普通のバー。あちこちの落語会に行っている私ですが、流石にこんな間近で観るのは初めてかもしれません・・・
観客も常連さんが大半らしく、「今年もよろしくぅ」の挨拶が飛び交います。末席でおとなしく座っていた私ですが、どこからともなく黒飴が回って来ました。礼を言い1ついただき、口に放り込む。老若男女が皆黒飴で頬をふくらませながら開演を待つシュールな光景。下を向き笑いをこらえているうちにお囃子が鳴り、鈴々舎わか馬さん登場!! しかしその時、口の中に何かがゴロッと現れました。一瞬 “歯の詰め物が取れたのか!?” と焦りましたが、どうやらピーナッツの固まり・・・そう、ピーナッツ入りの黒飴だったんですね 新種(?)の黒飴に驚きつつも、ここはとりあえず高座に集中。
・・・一席目は新年にふさわしく、縁起の良い『一目上がり』。そして二席目は私が大好きな『井戸の茶碗』でした
わか馬さんは大変もの静かな方ですが、噺に入った途端ガラッと雰囲気が変わります。表情も生き生きとし、声も突然張りが出ます。その変わりっぷりは流石プロ! といか言い様がありません。いつの間にか黒飴も溶け切り、芸の世界に入り込むワタクシでした( ´∀`)つ

                         お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 23:45コメント(2)トラックバック(0) 
猫ムスメ