鈴本演芸場・高座舞

2012年04月28日

GW初日でしたね♪ 皆様いかが過ごされましたでしょうか。

私も今週は平日必死で早朝出勤&残業をし続け、なんとか今日・明日・明後日の3連休を勝ち取りました 予定では今日・明日は出勤になっていたので、かなり儲けモノです( ´∀`)つ

120428_1103~0001そこで今日は鈴本演芸場に行ってきました 日頃お世話になっている馬生一門による『高座舞』を観るためです。『高座舞』とは「落語家が踊りのひとつもできなくてどうする!」と師匠連が働きかけ、17年前から国立劇場にて稽古をつけてもらっている噺家による踊りとのこと。私、この高座舞を噺家さん方に教えている日舞の家元と馬生師匠のご紹介で一度飲んだのがキッカケとなり、3年連続見に行っています。 


【4月28日 鈴本演芸場・下席昼の部】
三遊亭金兵衛「反対車」・仙三郎社中(太神楽曲芸)・三遊亭金八「平林」・柳亭小燕枝「長短」・江戸家猫八(ものまね)・古今亭菊春「七段目」・古今亭菊之丞「町内の若い衆」・鈴々舎馬桜「たがや」・神田織音「山内一豊出世の馬揃え」・柳家三三「道具屋」・遊平かほり(漫才)・金原亭馬生「唐茄子屋政談」・高座舞(一同)


さん喬師匠が休演で残念でしたが代演の小燕枝師匠(初見)を拝見することができ良かったです。のんびり屋さんの口調がとても自然で今まで聴いた中で一番楽しい「長短」でした。そして正蔵の代演が三三師匠というミラクル!!(笑) 寄席ならではの楽しみですネ。三三師匠による寿限無という(多分)貴重なものを(マクラで)聴かせて頂きました。

高座舞は噺家それぞれの個性が出ていますね。馬吉さんがしくじって? 笑いを耐えながら踊っているのが印象的でした(笑) 今日は馬治さんがお休みだったのがとても残念です

終演後、出口でお見送りをしていた師匠にご挨拶したら、「久しぶりだね~元気ぃ? 結婚したの~?」と言われました(笑) どんな噂が流れているのやら・・・(´∀`)  まぁ一時期に比べて落語会に行く回数が劇的に減ってしまったのは事実ですし、心配してくださっているのは有難いのですが、以前にも全く同じセリフを別の方に言われたことがあるので “年頃を過ぎた女が姿を見せなくなると結婚したってことになっちゃうんだな~” と苦笑混じりに笑ってしまったのでした(●´ω`●)

なにはともあれGW初日としてはまずまずの出だしだったと思います。
明日・明後日も快晴の模様。皆様も事故・怪我のないよう楽しんでくださいまし~(^_^)ニコニコ





                  お後がよろしいようで。



 



shizutamarakugo at 20:33コメント(13)トラックバック(0) 
猫ムスメ