阿闍梨餅

2013年06月29日

阿闍梨餅(あじゃりもち)という御菓子をご存知でしょうか??
餡子党の皆様には知ってるよ!と怒られてしまうかもしれませんね
安政3年創業の京菓子処「満月」が誇る、知る人ぞ知る銘菓です。

阿闍梨餅は、餅米をベースに氷砂糖や卵といったさまざまな素材を練り合わせた生地に、丹波大納言小豆の粒餡を包んで焼いた半生菓子で、しっとりとした皮とあっさり風味の餡が見事に調和した逸品。
開発されたのは大正期、この「満月」の二代目当主によって開発さました。それから八ツ橋の陰に隠れつつ(?)密かなロングセラーとして愛されてきた阿闍梨餅ですが、平成の世も幾年と過ぎた今、いわゆるリバイバルブームが起きているそうなのです。理由は案の定、ネット。その地味だけどシンプルな旨さ、1種類の餡で1種類の菓子しか作らない「一餡一菓子」を貫く店主の心意気などが知れ渡り、今や八ツ橋を凌ぐ土産物として京都駅に長蛇の列を作っているとのこと(・∀・)つ

かく言う私も数日前ツイッターで【京都最強の菓子】という記事を見かけましたw そして、「八ツ橋買ってる場合じゃねぇ!」との文章に矢も盾もたまらなくなり、遂に買ってしまったのです(それまでも存在は知っていて、食べたてみたいと思ってた
場所は池袋西武、眼科帰りに立ち寄りました。土曜日の昼過ぎだったので売り切れていないか心配でしたが、在庫がありホッ。週末はかなり早い段階で売り切れることが多いそうです。

3


このようにバラで平積みされています。10個入り・15個入りの箱もありましたが、5日しか日持ちしない(旨い菓子の鉄則)ので、バラで3個買いました。1個105円。この庶民価格がいいですね


21











早速家に持ち帰り試食。
食べた瞬間「なにこのモチモチ感はw(゚o゚)w オオー!」と感動します。見た目に反して皮がモッチリ。餡も甘すぎず上品な味です。でも、なんと言ってもこのお菓子の魅力は皮じゃないかな。私は皮だけ欲しい(笑) 皮だけで販売してくれないだろうか(←けっこう本気)。皮だけなら私、5個でも10個でも食べられる自信あるわ( ̄ー ̄)ニヤリッ
総体的には “昔ながらのお菓子” といった感想です。奇を衒わず技工に走らずシンプルに。素材を落とさず脇に逸れず淡々と作り続けた結果がこのリバイバルブームではないでしょうか。今も阿闍梨餅を含め4種類の菓子しか作っていないという満月さんに好感が持てます(大体アレンジに走って失敗しますからねw)

・・・ちなみに『阿闍梨餅』とはまた変わった名前だと思いますが、高僧を意味する梵語を語源としているそうです。日本では天台・真言の僧位を表しているとか。中央部がポコッと盛り上がっているのが分かりますか??(ちょっと潰れててすいません
このポコッは比叡山で千日回峰修業を行なう阿闍梨がかぶる網代笠を象ったもので、厳しい修行中に餅を食べて飢えをしのいだことにちなんで考案されたそうですよ。なんか京都らしいですよね

名前も味も京都らしい阿闍梨餅。
今後、京都土産の定番として生八ツ橋を超えるのではないでしょうか。
都内では池袋西武の他、新宿伊勢丹でも購入可。
「買い物の後は阿闍梨餅」・・・定番になりそうです(^_^)ニコニコ




             お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 21:28コメント(6)トラックバック(0) 
猫ムスメ