養老渓谷

2013年05月06日

5月5日、子供の日。
昨日は仕事の予定でしたが急遽お休みを取り、養老渓谷へハイキングに行ってきました(代わりに休みの予定だった今日が出勤となったことは言うまでもありません

養老渓谷へは一昨年の大晦日から元日にかけ旅行をしています。
可愛らしい小湊鉄道に乗り“駅猫”をモフり、温泉に浸かり、それはもう素晴らしい旅でした。しかし残念だったのは季節が冬だったということ(なんて根本的な・・・w)
有名な「養老の滝」は水不足でほぼ枯れかけており、周りの風景も茶色一色でした。その代わり露天風呂や鮎料理を堪能することが出来たので不満は全く無かったけれど、「そのうち新緑or紅葉の養老渓谷も歩きたいね」と言っていたものです

・・・で、ようやくリベンジに!!!!! ヾ(=^▽^=)ノ


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

養老2養老3











小さく可愛い小湊鉄道とも1年半ぶりに再会。相変わらずテッちゃんに大人気です。ちなみに前回は2両編成で空き空きでしたが、今回はGWの特別ダイヤで3両編成。それでも座れない人続出で、朝8時の東西線みたいになってました

養老4養老1











【左】今回は1日フリー乗車券(1700円)を購入しました。途中下車可の便利なチケットですが、下車せず普通に往復するだけでも500円くらいお得です。
【右】五井駅のJRから小湊鉄道へ乗換える跨線橋で会議机を広げ(!)売っている有名なお弁当屋さん。前回は大晦日だったので出店していませんでしたが、今回は絶賛営業中。小湊鉄道に乗る人のほとんどが購入していました。ここは「あさり弁当(500円)」が名物ですが人気過ぎてすぐに売り切れてしまうと評判。しかし今回は朝イチだったせいか運良く購入することが出来ました。お昼用に大事にリュックサックへ仕舞います。


・・・1時間ほど小湊鉄道に揺られ、養老渓谷駅到着。
しかし宿の送迎車が来てくれた前回と違い今回はバスに乗らなくてはいけないため時間が無く、「駅猫」との再会を果たせなかったことが残念無念・・・(T_T)  
バスに乗ってからも立っていられないくらいの満員ぶりで大変でしたが、なんとか予定通り『粟又の滝(通称:養老の滝)』到着
遊歩道に入るとすぐそこが『養老の滝』。浦安を出てから3時間弱で滝壺にいることが不思議でなりません(笑)


養老5養老6











み、見事な水量!!!
これぞ名瀑、養老の滝です。けっして大きくも高くもないけれどフォルムが美しい。新緑に包まれた姿がなんとも言えません。



e4ead04a-s[1]7c6c939a-s[1]











ちなみにコレが1年半前の大晦日に撮影した滝と周辺断層の様子。茶色い・・・とても同じ場所とは思えませんね 17ヶ月の時を経てようやくリベンジ達成ですv( ̄∇ ̄)v




養老8養老7











養老渓谷は『養老の滝』だけじゃなく大小幾つもの滝が流れ出ています。本当にマイナスイオン浴びまくりですよ。心が洗われます。




養老13養老14












今回 “思わぬプレゼント” だったのは、藤の花。
冬に来た時は全く気付かなかったのですが、養老渓谷周辺は至る所に藤が自生しているのですね 藤というと頭より少し高い所に咲く藤棚のイメージですが、どうやら本来の藤はとても背が高い模様・・・。山の中でワッサワサ逞しく、今が盛と言わんばかりの美しい花を見せてくれました。ガイドブックにもどこにも書かれていなかったけど、もうちょっとこの藤をウリにしてもいいと思うなぁφ(.. )  
同じく今が見頃の山つつじと並び、自然の素敵な贈り物です。




養老9養老10











2.5キロに及ぶ遊歩道を歩いた後、川辺でお弁当を広げる
五井駅で買った「あさりめし」&「太巻き」!!!
なんて気持ちが良いのでしょう。文句なく晴れ渡った青空の下、緑に囲まれ川面を眺めながら食べるお弁当の美味しいこと・・・
至福です



閑散として怖いくらいだった大晦日と違い、今回は物凄い人・人・人・・・(((( ;゚д゚)))  やはりどこに行っても自分勝手でマナーの悪い高齢者のグループーが目立ちました
でも思っていたよりは混んでいなかったかな。電車・バスはすごかったけど皆が皆『養老の滝』へ行くワケじゃないので遊歩道は普通に歩けました(あくまで普通に歩ける程度w)  もっと芋の子を洗うような状態を想像していたので私的には全然OK。やはり養老渓谷は穴場かもしれません。


さぁこれにて光合成終了
再び月初の激務に戻りま~すv( ̄∇ ̄)v





                  お後がよろしいようで。








shizutamarakugo at 15:14コメント(10)トラックバック(0) 

2012年01月06日

【平成23年12月31日】

14時、出世橋のたもとにて今晩の宿『福水』さんの送迎車と待ち合わせ。本当は駅→宿への送迎しかやっていないのに、滝を見たいと言ったら滝まで送って下さることになりました(そしてもちろんまた滝まで迎えに来てくれるそう)。行き届いたサービスに感謝です

養老渓谷には滝が沢山ありますが、有名なのはやはり『養老の滝』。
紅葉シーズンには人で溢れかえる人気スポットです。
ちなみに親孝行伝説で知られる『養老の滝』は岐阜県の『養老の滝』とのこと  今回私が行った千葉県の『養老の滝』は正式名称『粟又の滝』で、『養老の滝』とは河川名(養老川)にちなんだ通称だそう・・・
ま、紛らわしい(; ̄Д ̄)    うっかり “コレがお酒になったのね~♪” なんて眺めていた自分が腹立たしいですわ

養老の滝1養老の滝2養老の滝4












【写真中央】これが有名な養老の滝!!・・・って、水量少なっ(笑)
ずっと雨が降らなかった期間に行ってしまったのでほとんど水がありませんでした。でも水量さえあれば、そして周りが紅葉していれば、さぞ綺麗なんだろうなぁと思わせるフォルムです

【写真右】大田代層・・・なんと200万年前までここは海だったそう。迫力ある代層が見られます。ちなみに意外と知られていませんが、日本は天然ガスの副産物として作られるヨウ素の生産量が世界2位なんですね!! そしてそのほとんどが千葉県産なのです(・∀・)
●天然ガスhttp://www.ntgas.co.jp/natural_gas/knowledge.html
●ヨウ素http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%A6%E7%B4%A0



・・・養老川沿い2.5キロのハイキングコースを(写真など撮りながら)ゆっくり2時間かけ歩いたところで再び『福水』さんに電話。お迎えを頼み、いよいよ宿泊先に向かいます

「その5」へ続く!!!

 

 



shizutamarakugo at 19:16コメント(4)トラックバック(0) 

2011年12月30日

無事、午前中で仕事を納めることが出来ました
毎年12月30日は経理担当の私一人で出勤なんです・・・
夕べは昨日で最後の同僚達に忘年会に付き合わされ、寝不足
ボーッとしておりましたが、対応しなければならないトラブルも起きず、つつがなく終わらせることが出来ました(●´ω`●)

誰もいないオフィスでボンヤリ今年1年を振り返ってみたりしておりましたが、本当に色んな事があった1年でした。
東日本大震災、相次ぐ余震、原発事故、総理大臣の交代・・・
国内だけでも厄災続きでしたが、世界中で地震・洪水・ハリケーン等々、多くの死者が出ました。ビンラディン・カダフィ大佐・金正日といった“アメリカの敵” も次々亡くなりましたね( -д-)ノ


個人的にはどんな年だったかしら??

●口内炎ができまくった
●顎関節症になった
●眠れなかった
●生まれて初めて健康診断で再検査になった


なんだかこう上げてみると『不健康』を絵に描いたような1年じゃん
冗談抜きに色んな局面で『加齢』を感じる1年でした・・・
三十路になると、若い頃は思いもしなかった不具合が身体に出てくるのですね(T_T)

世界的にも個人的にもマイナスの要素が目につく1年でしたが、そんな年も明日で終わり。来年こそ穏やかで良い1年になると信じましょう♪♪♪

ちなみにワタクシ、明日は朝早くから養老渓谷温泉に向かいます
そんな訳でブログの更新も年内は今日が最後。ブログ納めです

私は「絆」や「出会い」「人との繋がり」といった上っ面だけの言葉を使うのが嫌いなのであえて申しませんが、今年はブログの平均アクセス数も劇的に上がり、そしてコメント数も増えました。書き手にとって自分の書いた文章に対する反応があるのは何より嬉しいこと。いつも読んでくださる皆様・書き込みをしてくださる皆様には心より感謝しています。来年もまた好きな事を好きなように書いてゆきますので、賛否両論、色んなご意見お待ちしております(´∀`)

それでは1年間お世話になりました。
皆様、良いお年をお迎えください

 

 

 



shizutamarakugo at 17:09コメント(8)トラックバック(0) 
猫ムスメ